論究 日本の危機管理体制―国民保護と防災をめぐる葛藤

個数:

論究 日本の危機管理体制―国民保護と防災をめぐる葛藤

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784829507872
  • NDC分類 519.9
  • Cコード C3030

内容説明

新型コロナウイルス感染で日本の危機管理の課題が露呈している!テロ、サイバー攻撃、武力攻撃、自然災害、重大事故、感染リスク…。―その時、どうすべきか、何ができ、何ができないのか。研究者、行政経験者、リスクコンサルタントなど13人の専門家による現実的な選択肢を模索するための分析的論究。

目次

序論 安全神話は崩壊したのか
第1部 危機管理の制度設計(日本の危機管理制度―国民保護と防災の論理;米国の国内危機管理におけるAll‐Hazardsアプローチ―安全保障プログラムと災害対策をめぐる葛藤;ドイツの非常事態法制とその政策的含意―連邦軍の国内出動を中心に)
第2部 実施体制と運用(地方公共団体の危機管理体制―連携をめぐる葛藤;国民保護行政のなかの分権性と融合性;避難のトラップ―なぜ国民保護では行政誘導避難なのか;武力攻撃事態における国民保護に関する制度運用の全体像と課題)
第3部 危機的課題(人為的危機対応の通時的変化―自然災害発生時の災害情報をめぐる葛藤を中心に;離島問題に見る基礎自治体の国民保護計画への対応;弾道ミサイル攻撃と民間事業者の対応;重要インフラに対する破壊的サイバー攻撃とその対処―「サービス障害」アプローチと「武力攻撃」アプローチ;オリンピックテロ・シミュレーションから考える国民保護の陥穽)

著者等紹介

武田康裕[タケダヤスヒロ]
防衛大学校国際関係学科教授。1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学、博士(学術)取得。ハーバード大学国際問題研究所客員研究員、世界平和研究所研究員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。