誰でもわかる防衛論―日本が生き残るための国家戦略の提言

個数:
  • ポイントキャンペーン

誰でもわかる防衛論―日本が生き残るための国家戦略の提言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月12日 21時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 270p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784829507148
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0039

内容説明

戦争の形態が変わり、さまざまな新しい脅威が生まれている今、「何も知らない、何もわからない」では生き残れない!いま起きていることを正しく知り、どうすれば日本が生き残れるかを、わかりやすく具体的に提言する。

目次

第1部 新しい戦争と新しい脅威(二一世紀の戦争と新しい国際秩序;戦争の何が変わったか;日本の安全保障と防衛の方向性は?)
第2部 世界のトレンドが変わった(世界の未来(トレンド)を読む
東アジアの地域統合へのトレンドを読む―日本の外交・安全保障戦略の方向性とは)
第3部 国家戦略と安全保障・防衛・軍事戦略(日本の安全保障と防衛・軍事の戦略;あるべき日本の外交・安全保障戦略と防衛政策・軍事戦略―日本生き残りの戦略とは)

著者紹介

黒川雄三[クロカワユウゾウ]
1945年京都生まれ(滋賀県立膳所高校卒)。防衛大学校卒、指揮幕僚課程・防衛研修所(現防衛研究所)一般課程(安全保障)修了。防衛大学校指導教官、防衛庁陸上幕僚監部防衛部員、調査部員、調査部班長、自衛隊地方協力本部長、陸戦学会理事、陸上自衛隊幹部学校主任開発研究官などを歴任。元陸将補(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

安全保障と防衛の問題は難しくない!



戦争の形態が変わり、さまざまな新しい脅威が生まれている今、「何も知らない、何もわからない」では生き残れない!

いま起きていることを正しく知り、どうすれば日本が生き残れるかを、わかりやすく具体的に提言する

■第1部 新しい戦争と新しい脅威

第1章 21世紀の戦争と新しい国際秩序

戦争の敷居は低くなっている/大規模戦争は抑制されるが、国際化された内戦や制限戦・局地戦は減らない/覇権主義や膨張政策は大国の宿痾(持病)である/凄惨な宗教戦争や残虐な内戦が始まっている……

第2章 戦争の何が変わったか

軍事同盟の性質や強度の変化が引き金になる/政治指導者の戦略的過失が危機を起こす/国際化した内戦は世界の大きな脅威だ/挑発心や猜疑心、恐怖心が引き金になる/核拡散の脅威が増大する/ハイテク覇権国家は周辺国の大きな脅威だ/非国家主体への武器の拡散は深刻な脅威だ/衛星攻撃やサイバー攻撃そして電子戦でハイテク戦争に決着がつくようになる/制空権(航空優勢)の獲得が、領土や領海防衛の決め手になる/兵器プラットホームシステムの破壊も勝利の決め手だ/兵站システムの破壊も致命傷になる/一国や同盟国による個別的な努力だけで安全確保は無理/共通・協調的な安全保障から地域的集団安全保障を目指せ……

第3章 日本の安全保障と防衛の方向性は?

中国の脅威 ― 日中の中間線は中国の防衛と出撃の最前線である/北朝鮮の脅威 ― 北朝鮮を追いつめず変革させよ/海外での日本人や資産への脅威 ― 遠くの国際的危機も日本に波及する/日本の安全保障と防衛の方向性/防衛形態のオプションと選択……

■第2部 世界のトレンドが変わった

第4章 世界の未来(トレンド)を読む

統合へのトレンドと利己主義・国益主義のトレンドがせめぎ合う時代が始まった/2050年の世界を読む/イスラム世界の貧困・格差は世界の長期的リスク/中国、米国、インドなど超大国の覇権化は制限される/2030年以降の中国には多党制への転換の可能性あり/環境と資源は世界の長期的リスク/英『エコノミスト』誌の予測からトレンドを読む/米NIC(国家情報会議)の報告からトレンドを読む/国際安全保障のコンセプトを実現せよ(中国や北朝鮮を取り込め)/単独防衛とその利・不利……

第5章 東アジアの地域統合へのトレンドを読む

  ――日本の外交・安全保障戦略の方向性とは――

ASEANは地域統合の中核だ/ASEAN共同体構想の実現に協力せよ/地域統合へのプロセスには四つのステップ・レベルがある/経済統合は安全保障の統合を誘発する/ASEANの地域統合への「あゆみ」とトレンド/重層的な地域協力システムが世界の主流になる/日本はASEANを側面支援し統合に協力せよ/多国間安全保障協力への取り組みを強化せよ/集団的自衛権を、紛争の予防や管理に「限定的に活用する」方略を考えよ……

■第3部 国家戦略と安全保障・防衛・軍事戦略

第6章 日本の安全保障と防衛・軍事の戦略

大きく拡大・深化した日米同盟の歴史/問題は中国の覇権的行動と北朝鮮の核ミサイル/敵(脅威)を減らして、味方を増やす/日本の防衛政策 ― 防衛計画の大綱(二五大綱)/日本の軍事戦略 ― 日米防衛協力ガイドライン/ガイドラインは日本の軍事戦略そのもの/自衛隊の有事任務が飛躍的に増加し変化した/「座して死を待つ亡国の防衛法制」では困る/米軍の作戦支援は確約ではない?/安保防衛上の「国益」……

第7章 あるべき日本の外交・安全保障戦略と防衛政策・軍事戦略

  ――日本生き残りの戦略とは――

非核中規模軍事国家タイプを目指せ/巡航ミサイルで政経中枢や原発を狙え/海・空優勢確保の方法/ミサイル防衛を充実させよ/外交戦略の主要目標は、国民の安全の保障と経済的繁栄……

黒川 雄三[クロカワ ユウソウ]
1945年京都生まれ(滋賀県立膳所高校卒)。防衛大学校卒、防衛研修所一般課程(安全保障)修了。防衛大学校指導教官、防衛庁陸上幕僚監部防衛部員、調査部員、調査部班長、自衛隊地方協力本部長、陸戦学会理事、陸上自衛隊幹部学校主任開発研究官などを歴任。元陸将補。著書に『戦略思想家事典』(共著、2003年)」、『近代日本の軍事戦略概史』(2003年)」、『21世紀マネジメント戦略』(2006年)」、論文に「孫子の軍事理論(2005年)」「日中戦争初期の戦略問題(1999年)」、「日中戦争中期の戦略問題(1999年)」などがある。