土壇場における人間の研究―ニューギニア闇の戦跡

個数:

土壇場における人間の研究―ニューギニア闇の戦跡

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 370p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784829503348
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0021

内容説明

部隊や軍の不名誉を巧みに回避することが多かった従来の「戦記」とは光彩を異にするユニークなノンフィクション。飢餓、伝染病、人肉食、戦場離脱、集団投降、自決…「地獄の島」ニューギニアで、絶体絶命の土壇場に追い込まれた男たちの行動を通して“人間の真実”を問う。

目次

プロローグ 二人の青年軍医はどう別れたか―一九四四年、常夏の秋
1 飢餓は人間をどう動かしたか―地獄を読んだアイタベ決戦
2 軍人として死ぬか、人間として生きるか―第二三九連隊の重い十字架
3 敗軍の建前は人命より大事か―悲劇の再生産やむことなく
4 人間の限界、ここかあそこか―試され続けた地獄への道
5 戦場に生きたユニークな個性―光と影を投げかけた人々
エピローグ 二人の老元軍医は戦後どう生きたか―二〇〇三年、別れ果てしなく

著者等紹介

佐藤清彦[サトウキヨヒコ]
昭和5(1930)年、宮城県生れ。早稲田大学文学部卒業。読売新聞社を経て、現在、ノンフィクションライター
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。