富士見ファンタジア文庫<br> オモイデのカナタ THE REGRET/SECOND HALF―ストレイト・ジャケット〈4〉

電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
オモイデのカナタ THE REGRET/SECOND HALF―ストレイト・ジャケット〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784829114278
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

時は北歴1951年。今を遡ること3年前。所は郊外の寒村ケルビーニ。事件の発端は謎の魔族の出現だった。生きることに倦んでいるレイオットは、いつものように、さしたる思いも無く仕事を受けた。魔族を退治すれば、それで終わるだけの取るに足りない仕事。しかし。彼はそこで出会ってしまった。深い絶望を湛えた瞳の少女・カペルテータに。そして始まる惨劇―。生きる意味が分からない少女と生きる価値すら見いだせない男。どこか似ている二人の出会いは、殺戮を招くことしか出来なかったのか!?榊一郎のハードボイルド・アクションファンタジー第四弾。人はどうすれば救われるのだろう―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オダ

2
過去編の下巻。要するに作中世界で云うまじもんの「魔法使い」が出てきたらしい。あとはまぁ、救いなんかねえと叫びながらゆるゆる救われている感じ。2014/10/21

れぎおむ

2
過去編終了。今回の魔族からは多少理性を感じ、だからこれ以上血を見ずに解決するかも……と思っていた。が、コーネリアと融合してからの暴れっぷりは地獄。積年の恨みのせいだけど、理性があるぶんより残酷に見えた。元凶の父親の殺し方もすさまじくエグかった。こいつは自業自得だからまぁいいが、エレンまで惨殺されちゃったか。てっきりフィリシス家のメイドにでもなるのかと。彼女はどちらかと言えば被害者の側面を強く感じたから、むごたらしく死んだのは悲しかった。想像よりもカペルの過去がきつかったので、今後の彼女の幸福を願いたい。2013/04/22

りべちん⊿ │⁴⁶

2
★★★★☆ レイオットとカペルテータの出会いの物語、完結編。結局明かされなかった伏線があったりで拍子抜けもしたが、とても面白かった。歪んだ愛情が生んだ惨劇はこうして葬り去られた、と。現在の回想という形で語られるので、3年半という歳月がカペルテータに齎した変化が、最後のシーンでよく分かるのではなかろうか。2012/02/25

さぶお

2
これまで想像させるに留めていたレイオットとカペルテータの過去編の下巻。人の形をしたものが狂っている中、魔族に小さな理性が残っているのが印象深い。カペっちの純粋な言葉がキツイ。けど四巻までのうち、シリーズで一番好きな巻でもある。2011/12/01

alice

2
レイオットとカペルの過去の回想話。下巻。 4巻の半分は3巻のおさらいとも取れる内容・・。^^; 文字とはいえ・・人間の殺し方に容赦がないです。2010/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。