富士見ファンタジア文庫<br> オモイデのスミカ THE REGRET/FIRST HALF―ストレイト・ジャケット〈3〉

電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
オモイデのスミカ THE REGRET/FIRST HALF―ストレイト・ジャケット〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 342p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784829114070
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

それは男にとってちょうど十番目の仕事だった。郊外にあるとても小さな村からの仕事依頼。「いつ私を殺すのですか」血の色の髪と瞳を持つ少女は、村に現れた男にそう言った。少女の紅い瞳と髪は、彼女がヒトで無いことの証。そして、彼女の前に現れた男はヒトでないもの―魔族―を狩る戦術魔法士。生きる意味が分からない少女と生きる価値すら見い出せない男。どこか似ているレイオットとカペルテータの出会いはあまりにも残酷すぎた。そんな二人の出会いもさらなる悲劇の幕開けに過ぎなかったとは、その時の二人には知る由もなかった。その時、二人に何が起きたのか。謎に包まれた過去が今、明かされる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

toriko

3
カペルの過去、前編。閉鎖的な田舎で起きた悲劇のなかで生まれたカペル。彼女と魔族化した父と、赤子がえりしてしまった母。そこに踏み込んでいくレイオット。レイオットの変化はここから始まっていたような気もするけどね。4巻目に続く。2017/05/30

寒上ぺそぎん

2
★★★☆☆[3/5][電本] や。読んでて思ったんだが、つまりこの世界は電気(とそれらを取り巻くシステム)を魔法に置き換えた?/某シリーズの電本出たのでとりあえず読了を――と思ったら、まだ続いておりましたの巻。いずれ続きは読むのだけれど、何というか、“とあるエネルギー問題”の暗喩を織り込んで、10年以上前にこの物語を描いている作者のセンスは凄いと思ったのでした。2013/12/02

れぎおむ

2
三巻目にして過去編突入。レイオットとカペルの出会いを描く。閉塞した村独特の排他的な感じがよく出ていた。あとがきにあったように、狭くドロドロとした人間関係はおぞましい。こんな状況じゃ簡単に狂気に堕ちるだろう。ちょくちょく出ていたフィリシスも堂々登場。このころからカペルと顔見知りになっていたのか。過去編は今巻だけかと思いきや、続きは次巻へ。父性を見せる魔族や、なぞの老人・ロンの正体など、この事件の結末やいかに。2013/04/07

りべちん⊿ │⁴⁶

2
★★★☆☆ レイオットとカペルテータの邂逅と、そこで起きた悲劇を描く過去編。世の魔族への認識などがよく描かれていた。上巻なので、結末は次へ持ち越し。当時の村での真相やロン・コルグの正体など、まだまだわからない事はたくさんある。2012/02/25

さぶお

2
あ、上下巻仕様なんだ。いくら閉鎖的な環境だからとはいえ、ああいう低能な村人たちは読んでて不快になるぜ。2011/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552877

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。