「新型コロナ」「EV・脱炭素」「SDGs」の大ウソ

個数:

「新型コロナ」「EV・脱炭素」「SDGs」の大ウソ

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年05月19日 04時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828423814
  • NDC分類 404
  • Cコード C0036

出版社内容情報

日本人よ目を覚ませ!
テレビや専門家たちが仕掛けた、コロナ騒動や
SDGsの罠を工学博士の視点で一刀両断!
【論理的な思考】=【国を守る力】

著者の動画配信は、
なぜ規制により
削除されたのか?

「今回こうして書籍にまとめたのは、
私の科学者としての信念であり、
生まれ育った日本が少しでもよく
なればとの思いからなのです。」


〔日本社会はどれくらいのウソにまで耐えられるのか〕
●理系思考のない国は滅亡する!?
●新型コロナ禍でわかった「専門家」の堕落
●不合理で非科学的な新型コロナワクチン
●新型コロナ騒動の戦犯は誰か
●「EV」「脱炭素」「SDGs」は日本を滅ぼす罠
●日本停滞の根本原因は「国防」と「民主主義」の欠如
●欧米追従を脱却し、本来の日本を取り戻せ

内容説明

テレビや専門家たちが仕掛けた、コロナ騒動やSDGsの罠を工学博士の視点で一刀両断!

目次

まえがき―日本社会はどのくらいのウソにまで耐えられるのか
序章 理系思考がない国は滅亡する!?
第1章 新型コロナ禍でわかった「専門家」の堕落
第2章 不合理で非科学的な新型コロナワクチン
第3章 新型コロナ騒動の戦犯は誰か
第4章 「EV」「脱炭素」「SDGs」は日本を滅ぼす罠
第5章 日本停滞の根本原因は「国防」と「民主主義」の欠如
終章 欧米追従を脱却し、本来の日本を取り戻せ
あとがきに代えて―日本人の宗教観は世界一

著者等紹介

武田邦彦[タケダクニヒコ]
1943年東京都生まれ。工学博士。専攻は資源材料工学。東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業に入社。同社ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学教授、名古屋大学大学院教授を経て、2007年中部大学総合工学研究所教授、2014年より同特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tetsubun1000mg

6
さんまの「ほんまでっかTV」に出演して大胆な説を披露する大学教授だったことを思い出して選ぶ。 「EV・脱酸素」「SDGs」が欧米の産業界と政治家によって主導されているのは理解していたが「新型コロナ」についてマスクは効果がない、インフルエンザと同じという論理には??が残った。 物理学専門の理系脳で考えるとこのように見えるのか、とわかってくるのだが。 どちらにしても大胆な物言いが持ち味の方なので変えられないのだろう。 主張している「理系のデータで考える」ことが大切というのは理解できた。2022/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19499887

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。