日本の保守―やまと魂をつくった思想の系譜

個数:

日本の保守―やまと魂をつくった思想の系譜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 365p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784828423555
  • NDC分類 311.4
  • Cコード C0010

出版社内容情報

やまと魂(美し国)をつくった思想の系譜

真保守主義のかくも長き不在!
凛とした、この日本人を見よ!!

真保守は死なない!
真保守が現実保守に敗れるというパターンは古代から繰り返されてきた。悲壮な悲劇がつきまとうのが日本史の特色である。しかし当人はこの世から消えても理想は消えない。いずれ理想像を求めて保守思想は復活するのである。(本書より)

内容説明

保守思想研究の第一人者が明かす「情の哲学」。高貴なる敗北、しかし真保守は死なない!真保守が現実保守に敗れるというパターンは古代から繰り返されてきた。悲壮な悲劇がつきまとうのが日本史の特色である。しかし当人はこの世から消えても理想は消えない。いずれ理想像を求めて保守思想は復活するのである。

目次

プロローグ 保守主義とは何か
第1章 「和」を説いた神武肇国の理想、仁徳天皇の徳政、世界史初の十七条憲法
第2章 中世、唐風から国風へ
第3章 戦国時代の保守思想とは?
第4章 江戸時代は保守繚乱
第5章 幕末動乱、百家争鳴
第6章 明治近代化と国風
第7章 大東亜戦争のイデオローグ
第8章 戦後日本を席巻した進歩信仰 これからは反近代、反グローバリズム
エピローグ 保守思想の国際比較

著者等紹介

宮崎正弘[ミヤザキマサヒロ]
昭和21年、金沢市生まれ。早稲田大学英文科中退。「日本学生新聞」編集長などを経て『もう一つの資源戦争』(1982年、講談社)で論壇へ。以後、作家、評論家として多彩な執筆活動を続ける。中国問題、国際経済、米国情勢にも詳しい(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tamami

38
先日読了した百田尚樹『日本国紀下』には、近現代日本の歴史を作ってきた人々が、綺羅星のごとく挙げられていた。歴史の動因は、結局は「人」にあるのではないか。本書は、その動因たるわが国の保守思想の系列に連なる人々を、古代より現代までの歴史を俯瞰する中で、有名無名を問わず掘り起こし、後代に伝えるべき事蹟とともに記したものである。戦後教育の偏向の中で、古来より列島の風土歴史に培われた思想と人の山脈は、今や断絶の深みにある。ここに記された先人の志や行動に思いを深く致すことが、これからの日本の再生に繋がると信じている。2022/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19005714

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。