米中百年戦争の地政学―国家大計としての日本防衛論

個数:

米中百年戦争の地政学―国家大計としての日本防衛論

  • ウェブストアに95冊在庫がございます。(2021年04月21日 00時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828422701
  • NDC分類 319.04
  • Cコード C0031

内容説明

世界は中国の手に落ちるのか。ビッグ・ブラザー習への隷属を拒否せよ!日本は「クアッド」を切り札とせよ!中国の恐ろしい未来の年表を読み解く!

目次

第1章 アメリカは戻ってくるか―バイデンの危うい挑戦
第2章 新たな連帯へ―単独主義からの決別
第3章 牙をむく手負いの龍―習近平が描く「中国の夢」
第4章 対決への道―舵を切ったトランプ
第5章 変化する世界秩序―パクス・シニカの到来か
第6章 結束し封じ込めよ―インド太平洋 覇権の争奪
最終章 中国共産党の本質―天安門事件は何を教えるか

著者等紹介

湯浅博[ユアサヒロシ]
国家基本問題研究所主任研究員、産経新聞客員論説委員。1948年生まれ。中央大学法学部卒。プリンストン大学公共政策大学院Mid Career Fellow program修了。産経新聞でワシントン支局長、シンガポール支局長、論説委員、特別記者などを経て現職。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。