「血糖値スパイク」が万病をつくる!―血流をよくしてアンチエイジング・免疫力アップ

個数:

「血糖値スパイク」が万病をつくる!―血流をよくしてアンチエイジング・免疫力アップ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月18日 17時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828421872
  • NDC分類 493.12
  • Cコード C0047

内容説明

この飽食の時代に「低血糖」が急増中。その危険性を科学的に解説!日本全国に、低血糖の人が1700万人もいます。医師もこの事実を知りません。「低血糖」だと全身に必要なエネルギーが届かず、「低血圧」にもなります。血糖値スパイクが起こると「血液ドロドロ」の状態(糖化)になり、ガン、心筋梗塞、脳梗塞の原因をつくります。さらに、うつ病と誤診されたりします。また、私たちの研究で、線維筋痛症、婦人科系疾患、アルツハイマー病などの患者さんの多くが、実は「低血糖」であることがわかりました。逆に言えば、「低血糖」を解消すれば、万病を防ぐことができます。本書を読んで、本来の免疫力や自然治癒力を取り戻しましょう!

目次

第1章 かくれ低血圧・低血糖の人が急増中!
第2章 食後に眠くなる人には、こんな病気がかくれている
第3章 あなたの「うつ病」、実は低血糖だった!
第4章 線維筋痛症の原因は低血糖だった!!
第5章 心と身体にさまざまな影響を及ぼす低血糖
第6章 免疫力アップ!食事を中心に生活習慣を見直そう

著者等紹介

永田勝太郎[ナガタカツタロウ]
1948年、千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部中退後、福島県立医科大学卒業。千葉大学、北九州市立小倉病院、東邦大学、浜松医科大学附属病院心療内科科長、日本薬科大学統合医療教育センター長・教授、WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授を経て、(公財)国際全人医療研究所代表理事、リヒテンシュタイン国際学術大学院大学ビクトールフランクル講座名誉教授、日本実存療法学会理事長、日本疼痛心身医学会理事長。専門は、全人的医療学、実存分析学、心身医学、慢性疼痛学、起立性低血圧、東洋医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。