もう逃げない。―いままで黙っていた「家族」のこと

個数:

もう逃げない。―いままで黙っていた「家族」のこと

  • ウェブストアに326冊在庫がございます。(2019年08月19日 17時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828421155
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

21年前の朝、目が覚めたらぼくは「殺人犯」の息子になっていた―いじめ、差別、婚約破棄…迷い、苦しみながら、それでも強く生きていく。和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が初めて明かす「罪と罰」、そして「生きること」の本当の意味。

目次

プロローグ―長いお別れ
第1章 狂騒―ぼくの目に映った事件の真相(ぼくたちの運命を変えた家族カラオケ;徹夜のマージャン、用水路へのゴミ捨て ほか)
第2章 宿命―ちょっと奇妙な家族の物語(「やってるわけないやろ」;母だけについた「殺人未遂容疑」 ほか)
第3章 絶望―終わりのない“断罪”の日々(友だちとの永遠の別れ;「カエルの子はカエルやな」 ほか)
第4章 葛藤―「死刑囚の子ども」という十字架(バスケの試合中に浴びたヤジ;消したくても消えないおぞましい記憶 ほか)
第5章 覚悟―やっと見つけた自分らしく生きる道(強すぎる結婚願望;両親とも「交通事故死」というウソ ほか)
エピローグ―母と笑い合える日