副島隆彦の歴史再発掘

個数:

副島隆彦の歴史再発掘

  • ウェブストアに93冊在庫がございます。(2019年01月22日 03時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828420622
  • NDC分類 209.04
  • Cコード C0036

内容説明

私たち日本人は、誰に、何のため騙され続けたのか?日本国の起こりから、キリスト教とのせめぎ合い、江戸~昭和の暗部、そして戦争の裏に隠された真相に至るまで、「闇に葬り去られた真実」のみを徹底的に解き明かす!

目次

第1章 国家スパイが最尖端で蠢く
第2章 外相松岡洋右論
第3章 映画『沈黙―サイレンス』が投げかけるもの
第4章 江戸の遊郭、明治・大正の花街はどういう世界であったか
第5章 『デヴィ・スカルノ回想記』からわかるインドネシア戦後政治の悲惨
第6章 邪馬台国はどこにあったのか、最新の話題

著者等紹介

副島隆彦[ソエジマタカヒコ]
1953年福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを経て、政治思想、法制度論、経済分析、社会時評などの分野で、評論家として活動。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。