河合雅司の未来の透視図―目前に迫るクライシス2040

個数:

河合雅司の未来の透視図―目前に迫るクライシス2040

  • ウェブストアに404冊在庫がございます。(2019年09月16日 01時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784828420066
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

これが日本消滅のスケジュールだ!『未来の年表』著者が提示する「恐るべき」日本の悪夢。

目次

第1章 「人生100年時代」の到来―高齢者の激増(あなたの骨を拾う人はだれなのか?「超・高齢者大国」はリスク大国だ!;65歳以上の高齢者の割合が高まり、若者は減っていく ほか)
第2章 「24時間社会」の崩壊―勤労世代の激減(壊れたエアコンすら直せない!「技術者不足」で経済が大渋滞?;「若い労働者の減少」、「後継者不足」で中小企業が消えていく ほか)
第3章 「未来の母親」がいなくなる―出生数の激減(「無子高齢化」社会がやってきた!地方に子どもがいなくなる!;高校野球の地区大会ができない?夏の風物詩・甲子園が消える ほか)
第4章 悲しすぎる地域の未来―全国で町やモノが消滅(全国で町が消える!;エリア別人口ハザードマップ ほか)
第5章 ではどうする?「戦略的に縮む」ための5つの提言(日本人は生きていけるのか;最初に着手すべき労働者問題 ほか)

著者等紹介

河合雅司[カワイマサシ]
作家・ジャーナリスト。1963年、名古屋市生まれ。中央大学卒業後に産経新聞社へ入社し、論説委員などを歴任。現在は一般社団法人「人口減少対策総合研究所」理事長。高知大学客員教授、大正大学客員教授、日本医師会総合政策研究機構客員研究員、産経新聞社客員論説委員、厚労省検討会委員、農水省第三者委員会委員などを務める。2014年に「ファイザー医学記事賞」の大賞、2018年にNPO法人ひまわりの会「ひまわり褒章」の個人部門賞、2019年には「第80回文藝春秋読者賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。