激動の日本近現代史 1852‐1941―歴史修正主義の逆襲

個数:

激動の日本近現代史 1852‐1941―歴史修正主義の逆襲

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784828419725
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0021

内容説明

日本人がまるで知らない歴史のダークサイドに踏み込む!

目次

第1章 日本を深く研究していた欧米(歴史修正主義と釈明史観主義;松陰の短剣とライシャワー・ハル夫人のつながり ほか)
第2章 英国自由貿易帝国主義と日米の戦い(ハリスが日本で評判の悪い理由;金流出が幕府瓦解を早めた ほか)
第3章 日本とアメリカが作った朝鮮開国(日本人が無関心な朝鮮半島との歴史;二国間ではなく「多国間外交」を日本に教えたペシャイン・スミス ほか)
第4章 ルーズベルトが仕掛けた日米開戦(コミンテルンの謀略説以前にあった日米開戦の萌芽;マニフェストディスティニーという狂気 ほか)
最終章 若い人たちに伝えたいこと(弱者はずるい;民主主義の恐怖 ほか)

著者紹介

宮崎正弘[ミヤザキマサヒロ]
評論家。1946年金沢生まれ。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長を経て、貿易会社を経営。82年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ。国際政治、経済などをテーマに独自の取材で情報を解析する評論を展開。中国ウォッチャーとして知られ、全省にわたり取材活動を続けている

渡辺惣樹[ワタナベソウキ]
日米近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。『日米衝突の萌芽1898‐1918』(第22回山本七平賞奨励賞受賞)の他、訳書もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)