米中は朝鮮半島で激突する―日本はこの国難にどう対処すべきか

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

米中は朝鮮半島で激突する―日本はこの国難にどう対処すべきか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828419510
  • NDC分類 319.530
  • Cコード C0031

内容説明

第二次朝鮮動乱が勃発か!?離島を活用した新たな「水際以遠の国防戦略」への転換を提言!元陸将が読み解く土壇場の地政学。

目次

序章 未来予測の手法―情報分析の根底にある地政学と歴史(現代の占い師は情報機関;情報分析の手法―地政学と歴史がベース ほか)
第1章 米国と中国の地政学―マハンのシーパワー理論(日本はもっと同盟国を知るべきだ;マハンのシーパワー理論 ほか)
第2章 トランプ政権の対中戦略・構想―二つの選択肢(米国変容の原動力は人種・民族別人口動態の変化;ヒットラー政権とトランプ政権の類似性 ほか)
第3章 米中衝突の発火点・朝鮮半島の地政学10則(今なぜ朝鮮半島の地政学か―米国の圧力路線鮮明に;第1則―中国への従属性 ほか)
第4章 日本は「米中激突」という国難に何をすべきか(日本の地政学;日米同盟の本質 ほか)

著者等紹介

福山隆[フクヤマタカシ]
元陸上自衛隊陸将。元ハーバード大学アジアセンター上級客員研究員。昭和22(1947)年、長崎県上五島・宇久島生まれ。昭和45年、防衛大学校応用化学科卒業。外務省安全保障課出向、韓国防衛駐在官、第32普通科連隊長(地下鉄サリン事件時、除染隊派遣の指揮を執る)、陸幕調査第2課長(国外・技術情報)、情報本部初代画像部長(衛星情報)、第11師団(札幌)副師団長、富士教導団長、九州補給処長などを歴任し、平成17(2005)年、西部方面総監部幕僚長・陸将で退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。