日本再生最終勧告―原発即時ゼロで未来を拓く

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本再生最終勧告―原発即時ゼロで未来を拓く

  • 加藤 寛【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • ビジネス社(2013/03発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン(1回目)
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月15日 07時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784828417011
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

偉大なる経済学者であったカトカン先生の、日本経済を再生させる最後の“カン”告。

目次

第1章 電力政策を考える視座
第2章 福澤山脈が築いた日本の電力体制
第3章 原子力政策と公共選択論
第4章 福澤桃介と松永安左ヱ門から何を学ぶか
第5章 自律分散型電源社会を目指して
対談「今、何が求められているのか」(協同組合的視点から国策民営と原発問題を考える(加藤寛vs吉原毅(城南信用金庫理事長))
未来志向で電力政策を考える(加藤寛vs江崎浩(東京大学大学院教授)))
特別寄稿 原発政策に関する討論型世論調査(DP)について

著者等紹介

加藤寛[カトウヒロシ]
大正15年岩手県生まれ。経済学者。慶應義塾大学名誉教授、嘉悦大学前学長、千葉商科大学名誉学長、第一生命経済研究所名誉所長、日本FP協会名誉理事長。日本経済政策学会会長などを歴任した学会の重鎮であるとともに、政府の審議委員や顧問を数多く務め、日本の経済政策において理論と実践の両面で中心的役割を果たす。特に、臨時行政調査会では部会長として国鉄民営化の立役者となったほか、政府税制調査会の会長を10年にわたって務め、税制見直しに尽力した。小泉内閣では内閣府顧問。平成25年1月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件