三世(さんぜ)をみつめる―日本人の未来・現在・過去 仏教闘論

個数:
  • ポイントキャンペーン

三世(さんぜ)をみつめる―日本人の未来・現在・過去 仏教闘論

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828411668
  • NDC分類 180.4
  • Cコード C0015

内容説明

この世も末!そんな時代を活きる覚悟と心得がいっぱい。仏教についても本音で真っ向論戦。

目次

第1章 この国の未来の見方
第2章 仏教者の責任
第3章 働くことの意味
第4章 「行」なる生き方
第5章 輪廻をめぐり
第6章 「死」の説法
第7章 「家」という掛け替えなきもの
第8章 生きていくための基本

著者等紹介

ひろさちや[ヒロサチヤ]
1936年大阪府生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒、同大学院人文科学研究科印度哲学博士課程修了。大正大学客員教授。さまざまな問題を仏教的視点からわかりやすく説くその切り口は、こころを楽にし新しい視野を広げると、幅広い支持を受けている。宗教啓蒙家として執筆・講演などで活躍

玄侑宗久[ゲンユウソウキュウ]
1956年福島県生まれ。慶応義塾大学文学部中国文学科卒業。天龍寺専門道場での修行を経て、臨済宗妙心寺派福聚寺副住職。また、デビュー作『水の舳先』が第124回芥川賞候補作となり、2001年『中陰の花』で第125回芥川賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。