株は技術だ!―倍々で勝ち続ける究極のチャート授業

個数:

株は技術だ!―倍々で勝ち続ける究極のチャート授業

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年10月25日 09時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784827210064
  • NDC分類 338.155
  • Cコード C0033

出版社内容情報

著者の投資技術は、自分にあったたった1つの銘柄をチャート分析のみで追い続け、「順張り」「逆張り」の併用で稼いでいく「うねり取り」とよばれるものです。「うねり取り」は、日中トレードをせずに年利200?300%を狙えるので時間のない個人投資家・副業トレーダーにピッタリの手法です。また、株価が下がったときに利益を得られる「逆張り」が手法の中心になるため、「下げ相場」・「波乱相場」といえる現在の株式市場にも非常に有効な手法です。本書は、これまでの株本に失望していた目の肥えた投資家もきっと満足できる「チャート分析」の決定版です。

内容説明

まぐれ当たりはもう終わり!「下落」「波乱」どんな地合でもガッツリ儲ける。株歴35年の職人が教える最新「うねり取り」理論。

目次

株の世界の「職人」―技術だから再現できる!
株価は「上げ下げ」を繰り返す―まずはチャートで確認!
すべてはチャートに表れる―業績・経済情勢の分析は無駄!
「下落」で利益を取る―「空売り」にはふたつの使い方がある!
株価の動きは「予測」できる―難しい理論や計算は不要!
相場流投資の二大要諦―「株価の流れ」を読む+「建玉の操作」
株価の流れを読む実践編―移動平均線の使い方を究めよ!
建玉の操作1―「底」と「天井」で逆張り
建玉の操作2―暴落には「予兆」がある!
5つのトレード練習法―「読み」と「操作」の質を劇的に上げる
いざ本番!―「銘柄選び」と「心構え」
「職人」を目指す決意―「練習」を続ければ、世界が変わる!
株の修行に終わりはない―常に、理解は「浅い」と思え!

著者等紹介

相場師朗[アイバシロウ]
株職人、現役プロトレーダー。20歳より株取引を始め、売買歴35年。「モーニングスター」など大手投資情報会社や大手証券会社で講師を務めることも多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろき@巨人の肩

18
株関連二冊目。理論はとてもシンプルでわかりやすい。移動平均線の捉え方により、チャートの見え方が大きく変わった。ただ、実戦するのはとても難しい。仕掛けが早く、手仕舞いが遅れる。自分の欲深かさを痛感する。2017/02/08

hannahhannah

12
やってることばかりだけど、初心忘るべからずってことで。これからも地道な練習を続けていきます。2016/07/18

みんと

10
この本を読んで今までのギャンブル的な投資の仕方を改めなければと痛感した。 節目+移動平均線の動きでの予測は目からウロコ。 3ヶ月、6ヶ月が節目だったとは!! そして建玉の操作を極める。 空売りと買いを合わせた相乗効果で負けない投資を目指す。 これは少し難しそうだが何度も読み直して是非マスターしたいと思った。 どんな方法でも練習は不可欠。 事故にあった時に心を乱さないように自分の方法の基盤をしっかりと固めたい。2016/10/01

mtbook

5
株取引のテクニカル分析に焦点を当てた一冊。テクニカル分析は練習・訓練が重要で、著者も現在進行形で勉強中とのこと。なので、この本は中間報告書らしい。 私も株取引をしているが、この本を読んだ後、少しチャートの流れ・見方が分かってきたかもしれない。ただ、練習・訓練不足は否めないので本書に書かれた方法でトレーニングを積んでいく。 株取引には本書のようなテクニカル分析を用いる方法もあるが、ファンダメンタル分析を使用する方法もある。今度は、違う視点での株取引方法も学んでいきたい。2019/01/23

r_ngsw

5
帯とかに煽り文句満載で、一見胡散臭く見えるが、書いてあることはすごくまっとう。とにかく練習あるのみ、と。語り口も著者の口調そのままな感じで読みやすい。が、前書きでも「中間報告」と書かれているように、少し食い足りない感じ。2016/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11029022

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。