純血種という病―商品化される犬とペット産業の暗い歴史

個数:
  • ポイントキャンペーン

純血種という病―商品化される犬とペット産業の暗い歴史

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年03月24日 22時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 365p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826990615
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0045

内容説明

ケネルクラブ、ドッグショー、ブリーダーによる犬のブランド化のおかげで、多くの「純血種」が遺伝性障害に苦しんでいる。私たちは「人類最良の友」にいったい何をしてきたのか?人間の強欲と犬の受難を描いた壮絶な「純血種」の歴史と真実。

目次

第1章 イギリスの古き良き伝統
第2章 純血種への行き過ぎた信仰
第3章 犬による社会的地位の証明
第4章 優生学と犬と人間
第5章 見世物にされた犬たち
第6章 ミダス王の手
第7章 売買される貴族の地位
第8章 猟犬たち
第9章 ラブラドール・レトリーバーの帰還
おわりに―フランケンシュタイン博士の研究室、あるいは城で暮らすための代償