言葉で理解する森田療法―まったく新しい森田療法のかたち

個数:

言葉で理解する森田療法―まったく新しい森田療法のかたち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 14時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784826971584
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0011

内容説明

体得を重んじる森田療法をどうしたら「言葉で理解」できるのか。第一人者が明快に描き出す、これまで誰も知らなかった森田療法。

目次

序章 森田正馬先生への手紙
第1章 本題に入る前に―大事なこと
第2章 不安と出会う
第3章 できれば簡単に森田療法を知りたい
第4章 森田療法を生み出した地域文化的事情
第5章 あの時代に不安の対処法が必要だった理由
第6章 森田療法を支えた人々
第7章 森田療法が否定し、肯定した文化があった
第8章 森田療法と薬物療法
第9章 自然を相手に言葉にできるか。あえて言葉にして理解する森田療法
終章 森田正馬先生からの手紙

著者等紹介

中山和彦[ナカヤマカズヒコ]
愛媛県宇和島市生まれ。1977年、東京慈恵会医科大学卒業。1996年、ロンドン大学精神医学研究所客員教授。2001年、中華人民共和国大連医科大学客員教授。2003年、京都府立医科大学客員教授。2004年、東京慈恵会医科大学精神医学講座主任教授。専門は精神薬理学、非定型精神病、てんかん学、森田療法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Asakura Arata

1
森田理論の周辺から本質がわかる。森田療法を医療として世間に認めてもらうには、その準備として「迷信・邪教の打破」が是非とも必要であり、そのために努力したということだが、この行動って「はからい」ではないのか?あるいは「純な心」から出た行動なのだろうか?こんなところでこだわっていること自体が、外れているのか。森田を5年勉強しているが、体得するのは大変だ。同じ書を何度も読んだ方がいいのかもしれない。2014/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9019081

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。