WEIRD「現代人」の奇妙な心理〈下〉―経済的繁栄、民主制、個人主義の起源

個数:
電子版価格
¥3,410
  • 電書あり

WEIRD「現代人」の奇妙な心理〈下〉―経済的繁栄、民主制、個人主義の起源

  • ウェブストアに128冊在庫がございます。(2024年05月22日 01時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 448p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826902557
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0022

出版社内容情報

「現代人は、歴史上存在した社会や、人類進化の途上で存在した社会の人々とは、神経学的にも心理学的にも全く異なっている――」(本文より)

市場経済や法律、科学、民主主義の起源を探ると、それら現代を特徴づける制度や概念が誕生するよりも先に、ヨーロッパの人々に現代的な心理が芽生えていたことがわかる。

従来考えられていたように、社会制度や物質的豊かさが人々の心理を変えてきたのではなく、まず人々の感じ方や考え方が変化し、それによって社会が変わり、歴史がつくられてきた。

そうして生まれたヨーロッパ人の現代的な心理は、その後、文化の伝播や国家間の競争を通じて世界中に広がり、世界のあり方を大きく変えていくことに――

ジャレド・ダイアモンドが『銃・病原菌・鉄』のテーマに組み込まなかった「人々の心理」を、歴史を動かすファクターとして捉えなおすことで新しい世界像を描き出す、知的興奮の書!

16か国で刊行の世界的ベストセラー!


:::::::::世界的著名人が絶賛!:::::::::

「社会思想書における最高傑作」
――マシュー・サイド『多様性の科学』著者

「現代世界の起源を知るうえで必読」
――ウォルター・シャイデル『暴力と不平等の人類史』著者

「世界全体で生活水準を向上させ、大規模かつグローバルな課題に対処する方法を見つけることは、今後ますます重要になってくる。人々の多様性が何に由来するのか、それがこうした問題に立ち向かう上でいかに重要であるかを、わたしたちは認識しなければならない。それらの問いの答えを知りたい方は、ぜひ本書を読んでもらいたい」
――ダロン・アセモグル『国家はなぜ衰退するのか』『自由の運命』共著者

「学術書としても啓蒙書としても偉大な一冊」
――マット・リドレー『人類とイノベーション』著者

「すべての人間は共通した心理を持つという定説をくつがえした」
――リチャード・ランガム『善と悪のパラドックス』著者

「目もくらむような偉業」
――リチャード・ニスベット『木を見る西洋人 森を見る東洋人』著者

「現在繁栄している国の人々の心理的特徴は人類社会に普遍的なものではなく、(……)中世ヨーロッパのカトリック教会がもたらした制度的変化の結果だ。本書は現代社会の起源に関する議論を大きく変えていくだろう」
――ポール・シーブライト『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』著者

「ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』よりもはるかに深くて野心的な本」
――ダニエル・C・デネット『心の進化を解明する』著者

「2020年で最も重要な本のひとつ」
――キャス・サンスティーン『NUDGE 実践 行動経済学』共著者

内容説明

歴史を動かす隠れたファクターとして数世紀にわたるWEIRDな人々の心理を分析し、西洋および先進国発展の究極要因を探る。社会学、心理学、経済学、生物学を横断する知的興奮の書!

目次

第2部 WEIRDな人々の起源(承前)(WEIRDな一夫一婦婚)
第3部 新たな制度、新たな心理(商業と協力行動;競争を手なずける;市場メンタリティー)
第4部 現代世界の誕生(法、科学、宗教;離陸速度に達する;歴史のダークマター)

著者等紹介

ヘンリック,ジョセフ[ヘンリック,ジョセフ] [Henrich,Joseph]
ハーバード大学人類進化生物学部長

今西康子[イマニシヤスコ]
神奈川県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

marukuso

3
MFPに曝露され、西洋が他の文化と大きな差をつけるようになったのには非人格的市場への指向、任意団体間の競争、都市化などをもたらし、またそれがWEIRD心理を醸成していった。壮大な大分岐論でもあり、文化進化のダイナミクスを感じさせてくれる。2024/01/31

chiro

1
人類が飛躍的な進歩を遂げるに至った大きな要因としてWIREDな人々の拡がりを著者は挙げている。この著作を読んでその事が得心が入ったが、それでも尚、解明できない点は残っており、グローバル化による幾何級数的な発展もその一つである。グローバル化による格差の拡大と貧困の蔓延は今のところそれを克服する手立ては見つかる事なくより拡がりを見せている。アンガスディートンらも主張しているがこの点についてはまだ社会としての処方箋は見出せていない。環境問題も含め喫緊の課題であるはずなのだが。2024/02/18

Go Extreme

1
一夫一婦婚→心理・ホルモン動態変化→社会効果≒宗教団体や社会の優位性 新たな制度・心理:市場統合→非人格的向社会性↑→任意団体結成・公式制度発展 教会曝露↑=急速に成長・参加型統治発展 商人の主導権↑→都市成長→市長統合水準↑≒信頼・公正さ・協力水準↑ 集団間競争→信頼・協力傾向 現代世界の誕生:分析的思考・内的属性への帰属・独立志向と非同調・非人格的向社会性 「20世紀後半の米国人の文化心理学」 WEIRDな人々=文化に染まっていない集団 それ以外=文化により標準から外れた集団 アメリカ人こそWEIRD2024/02/12

ney

0
4 西洋史と社会思想に疎いので退屈な部分もあったが、根幹の主張はとても面白かった2024/05/06

かじかじ。

0
本書のタイトルにあるWEIRDは奇妙なという意味で、現在の心理学、社会心理学、行動経済学などはWEIRDな人を対象とした、20世紀後半のアメリカ人の文化心理学と書かれている。人には文化的、宗教的背景の違いがあったり、親族間の関係性など挙げればキリがないほどの変動要素があり、それを考慮しない実験結果により偏りのある結果が得られているのだろう。例えば戦争経験がある人がサッカーをすると内的心理が働き、メンバーを守るためにイエローカードをより多くもらう傾向にある。日本人も恥の文化であり、アメリカ人とは違う。2024/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21698923
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。