わたしは不思議の環

個数:

わたしは不思議の環

  • ウェブストアに50冊在庫がございます。(2019年01月16日 11時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 611p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784826902007
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

大ベストセラー『ゲーデル、エッシャー、バッハ』で世界中を熱狂させた著者が、ユーモアとパロディとアナロジーを武器に、摩訶不思議な“意識”の世界に深く分け入り、“私”とは何かという難攻不落の謎に挑む。ロサンゼルス・タイムズ図書賞受賞。

目次

角突き合わせ小手調べ
魂のサイズ
揺れ動く不安と夢の球体
パターンの因果的影響力
ループ、ゴール、そして抜け穴
ビデオフィードバック
自己とシンボル
ズ~イ伴現象
奇妙なループの狩猟旅行
パターンと証明可能性
お手本としてのゲーデルの奇妙なループ
アナロジーはいかにして意味を生み出すか
下向きの因果関係について
掴みどころのない掌中の「私」
奇妙さは三「私」三様
絡み合い
何よりも深い謎に対するあがき
互いの中でどのように生きるか
人間のアイデンティティのにじんだ光
意識=思考
好意的ながらもすれ違う言葉
デカルト的自我と軽く触れ合う
ゾンビと踊るタンゴ、そして二元論
二頭の聖牛を殺す
寛大と友情について
板挟み

著者等紹介

ホフスタッター,ダグラス[ホフスタッター,ダグラス] [Hofstadter,Douglas]
インディアナ大学教授(認知科学)。アメリカ芸術科学アカデミー会員。『ゲーデル、エッシャー、バッハ』はピューリッツァー賞を、『わたしは不思議の環』はロサンゼルス・タイムズ図書賞を受賞している

片桐恭弘[カタギリヤスヒロ]
公立はこだて未来大学学長。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。NTT基礎研究所、ATRメディア情報科学研究所所長を経て、公立はこだて未来大学システム情報科学部教授、同学長。認知科学、会話情報処理、自然言語処理などの専門をベースに学際融合的な研究を推進

寺西のぶ子[テラニシノブコ]
翻訳家。成蹊大学経済学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件