種子―人類の歴史をつくった植物の華麗な戦略

個数:

種子―人類の歴史をつくった植物の華麗な戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 00時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826901994
  • NDC分類 471.1
  • Cコード C0040

内容説明

米やパンなどの主食、コーヒー、綿など、人間の衣食と経済を支え、文明発祥からアラブの春まで歴史に影響を及ぼしてきた種子。種子毒を使った暗殺事件や種子銀行など、人間との多彩な関わりを紹介しながら種子の進化の謎に迫る。

目次

タネは養う(一日一粒のタネ;生命の糧;ナッツを食べたいときもある)
タネは結びつける(イワヒバは知っている;メンデルの胞子)
タネは耐える(メトセラのような長寿;種子銀行)
タネは身を守る(かじる者とかじられる者;香辛料という富;活力を生む豆;傘殺人事件)
タネは旅する(誘惑する果実;風と波と;種子の未来)

著者等紹介

ハンソン,ソーア[ハンソン,ソーア] [Hanson,Thor]
保全生物学者。科学ジャーナリスト。グッゲンハイム財団フェロー、スウィッツァー財団環境研究フェロー。ワシントン州にある島で、妻と息子と暮らしている。『羽』(白揚社)は、優れた科学書に贈られる「AAAS(アメリカ科学振興会)Subaruサイエンスブックス&フィルム賞」や、アメリカ自然史博物館の「ジョン・バロウズ賞」などを受賞。『種子』は2016年度にファイ・ベータ・カッパ(全米優等学生友愛会)科学図書賞を受賞した

黒沢令子[クロサワレイコ]
鳥類生態学研究者、翻訳者。地球環境学博士。NPO法人バードリサーチで野外鳥類調査の傍ら、翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yooou

2
☆☆☆★★子どもとの逸話は感動的でした。しかし種子の話題は盛りだくさんすぎで踏み込み不足、やや物足りない感がありました 2018/04/21

ymnfmt

1
種子を見る目が変わった!文章も良く面白い本だった2019/11/22

mr110

1
種子が人間の歴史を作ったと言われても最初はパッと思い浮かばないだろう。よく考えると綿、米、小麦、コーヒー、香辛料、チョコレートなど食べ物だけではなく産業としても種子の恩恵をもらい発展したといっても過言ではない。実は私たちにとって重要な物はもっと身近な物にあるのではないかと思う。それが当たり前過ぎて気付かなくなってしまうのは実にもったいないと思う。2018/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12438306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。