都市の記憶〈3〉日本のクラシックホール

個数:

都市の記憶〈3〉日本のクラシックホール

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月30日 10時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 316p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784826901376
  • NDC分類 523.1
  • Cコード C0052

内容説明

集いの場としての建築―講堂・公会堂・議事堂・劇場。240頁のカラー写真と現存近代化建築遺産の最新版完全リストを収録。

目次

第1章 成熟した都市の象徴:集いの場としての建築(人が集う場;九間という日本的原型 ほか)
第2章 魅惑のクラシックホール(旧函館区公会堂;岩手県公会堂 ほか)
第3章 ダヴィッド同盟:イーグルホールをよみがえらせよう!(なぜ魅力のない建物が増えるのか;経営者は倫理的に行動していいのか ほか)
第4章 歴史の証人たち(現存調査の概要;現存クラシックホール・リスト)

著者等紹介

鈴木博之[スズキヒロユキ]
1945年生まれ。東京大学大学院工学系研究科教授(建築学専攻)。著書:『建築の世紀末』(晶文社1977)・『建築の七つの力』(芸術選奨文部大臣新人賞、鹿島出版会1984)・『東京の地霊』(サントリー学芸賞、文藝春秋1990)他

増田彰久[マスダアキヒサ]
1939年東京生まれ。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業。大成建設を定年で退職後、増田彰久写真事務所を主宰。日本写真家協会、日本写真協会、日本旅行作家協会会員。早稲田大学非常勤講師。第33回日本写真協会賞年度賞、第9回伊奈信男賞、2006年日本建築学会文化賞などを受賞

小澤英明[オザワヒデアキ]
1956年生まれ。西村ときわ法律事務所パートナー弁護士。1978年東京大学法学部卒業、1980年東京弁護士会弁護士登録。1985年東京大学大学院工学系都市工学修士課程、1991年コロンビア・ロー・スクールLLM修了。1992年NY州弁護士資格取得

吉田茂[ヨシダシゲル]
1958年生まれ。歴史作家・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hr

0
安田講堂と神戸大学講堂が美しい。足を運んでみたい。入れるのかな? 巻末の座談会の盛り上がりが、序盤・中盤の雰囲気からは想像できないほど。2017/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/551548
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。