メンタルヘルス・ライブラリー<br> 「出逢い直し」の地域共生社会〈上巻〉ソーシャルワークにおけるこれからの「社会変革」のかたち

個数:

メンタルヘルス・ライブラリー
「出逢い直し」の地域共生社会〈上巻〉ソーシャルワークにおけるこれからの「社会変革」のかたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月09日 21時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784826507080
  • NDC分類 369.1
  • Cコード C0036

内容説明

社会変革をめざし地域共生社会を実現するためにはソーシャルワークが不可欠である。なぜならば、ソーシャルワーカーは「社会変革」によって明確に定義づけられている唯一の専門職であるからだ。地域共生社会の実現のためには、希薄化した社会的連帯という「障壁」を乗り越えていかなければならない。これは制度・政策からは改善し難い「障壁」であるがゆえに、ソーシャルワークの実践が希求されている領域である。これからのソーシャルワーカーには、実践領域において制度・政策をどのように運用していくべきか、その姿勢と創造力が問われてくる。その実践の堆積によって、制度・政策の再生産・再創造を促す提言力も求められるだろう。ソーシャルワーカーの国家資格の一本化への政策提言。

目次

1章 なぜ「社会変革」は伸展しないのか(新自由主義に対する抵抗の歴史;「従来型」による「社会変革」の陥穽;これからの社会変革の端緒をさぐる;地域で「共感」を創出する「社会変革」への挑戦)
2章 人間の尊厳保障を阻むもの(人間の尊厳を毀損する2つの視座;経済効率の追求が人間の暮らしを破壊する;社会的連帯の希釈が人間の尊厳を毀損する)
3章 「出逢い直し」による社会変革の促進(「出逢い直し」のすすめ;「社会変革」の障壁を乗り越える視座)
4章 ソーシャルワークの中核に位置する「社会変革」(ソーシャルワークの要諦;「人間の解放」とは何か?;すべてのソーシャルワーカーが免れ得ない「社会変革の対象」;ソーシャルワークを伸張させるための政策)
5章 「地域共生社会」の背景にあるもの(政府の志向する「地域共生社会」をみる;「地域共生社会」の背景にあるもの1 人間を手段化する政策;「地域共生社会」の背景にあるもの2 費用抑制論に依拠した「地域的包括ケア」と「新福祉ビジョン」)

著者等紹介

中島康晴[ナカシマヤスハル]
1973年10月6日生まれ。花園大学で社会学を中心に社会福祉学を学ぶ。主な職歴は、デイサービスセンター生活相談員、老人保健施設介護職リーダー、デイサービスセンター・グループホーム管理者。2006年2月20日、特定非営利活動法人地域の絆を設立。代表理事。2018年9月5日には社会福祉法人地域の空を設立し理事長に就任。資格:認定社会福祉士/介護福祉士/精神保健福祉士/介護支援専門員。役職:公益社団法人広島県社会福祉士会会長(2011年度~2014年度)/公益社団法人広島県社会福祉士会相談役(2015年度~)/公益社団法人日本社会福祉士会理事(2015年度~)・副会長(2017年度~)。その他の活動:福山平成大学非常勤講師(『社会福祉援助技術』:2007年度~2013年度)/東北大学大学院教育学研究科博士課程在学中(2014年度~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。