生老病死と健康幻想―生命倫理と優生思想のアポリア

個数:
  • ポイントキャンペーン

生老病死と健康幻想―生命倫理と優生思想のアポリア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 18時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826506458
  • NDC分類 498
  • Cコード C3036

内容説明

優生思想(社会ダーウィニズム)と健康幻想(ヘルシズム)の反知性の論理とそれへの対抗論理の実際を、多くの具体的事例によって根源的に抉り出す3部作!

目次

序章 “生老病死”の前提と命題
第1章 “こころ”と“からだ”の仏教的臨床社会学
第2章 出生前診断と優生学
第3章 医療化社会をどう生きるのか―イヴァン・イリッチの示唆と反示唆
第4章 「脱医療化」の模索
第5章 延命治療は“無意味”なのか?―安楽死・尊厳死法制化策動を批判する
第6章 健康幻想と優生思想

著者等紹介

八木晃介[ヤギコウスケ]
1944年、京都市に生まれる。大阪市立大学文学部(社会学専攻)卒。毎日新聞記者(千葉支局、東京・大阪両本社学芸部)を経て、花園大学文学部教授・同学人権教育研究センター所長。現在、花園大学名誉教授・同学人権教育センター名誉研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



【目次】
■はじめに
■序 章 ?生老病死?の前提と命題
■第一章 ?こころ?と?からだ?の仏教的臨床社会学
■第二章 出生前診断と優生学
■第三章 医療化社会をどう生きるのか
     ―イヴァン・イリッチの示唆と反示唆
■第四章 「脱医療化」の模索
■第五章 延命治療は?無意味?なのか?
     ―安楽死・尊厳死法制化策動を批判する
■第六章 健康幻想と優生思想
■おわりに

八木晃介[ヤギコウスケ]
1944年、京都市に生まれる。大阪市立大学文学部(社会学専攻)卒。毎日新聞記者(千葉支局、東京・大阪両本社学芸部)を経て、花園大学文学部教授・同学人権教育研究センター所長。現在、花園大学名誉教授・同学人権教育研究センター名誉研究員。
著書として、『親鸞 往還廻向論の社会学』『右傾化する民意と情報操作』『優生思想と健康幻想』『差別論研究』『健康幻想の社会学』『〈差別と人間〉を考える』『〈癒し〉としての差別』『排除と包摂の社会学的研究』『部落差別のソシオロジー』『差別表現の社会学』『部落差別論』『「生きるための解放」論』『差別意識の社会学』『現代差別イデオロギー批判』『差別の意識構造』ほか多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件