特別支援教育における教育実践の研究―指導記録の書き方と生かし方

個数:
  • ポイントキャンペーン

特別支援教育における教育実践の研究―指導記録の書き方と生かし方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 17時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 171p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784826506120
  • NDC分類 378
  • Cコード C3037

内容説明

子どもたちが発する言葉にならない想いを感じ取ること、子どもたちに生きるための選択肢を教えること、子どもたちに寄り添うこと。ことばとからだをこころがつなぐ特別支援教育の実践記録。

目次

第1章 指導記録の書き方と生かし方
第2章 重度重複障害児の寝返り指導
第3章 場面かん黙児の変容
第4章 「聞こえにくいこと」について―聾教育の現場から
第5章 聾学校における授業(自己)評価項目の作成
第6章 聾児へのペープサートによる生活指導の一試み
第7章 重度重複障害児の自発行動を促す支援―手作り遊具を通して
第8章 音を楽しむフリーハンドベルの製作
第9章 障害児と健常児が共に楽しむボードベースボール
第10章 特別支援教育における教育実践の研究

著者等紹介

山之内幹[ヤマノウチミキ]
鹿児島県立加治木養護学校教諭。昭和35年、鹿児島県に生まれる。琉球大学教育学部卒、筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)、福岡大学大学院人文科学研究科単位取得後退学、博士(教育学)。鹿児島県立皆与志養護学校、名瀬市立名瀬小学校、鹿児島県立鹿児島聾学校を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。