人形峠ウラン鉱害裁判―核のゴミのあと始末を求めて

個数:

人形峠ウラン鉱害裁判―核のゴミのあと始末を求めて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月29日 07時30分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784826503211
  • NDC分類 539.69
  • Cコード C1036

内容説明

膨大なウラン残土の放置、放射能で汚染される環境、隠された被曝…。日本の原子力行政の無責任体制、ここに極まれり。遂に、自治会と住民が核のゴミの撤去を求めて提訴!原子力の起点のウラン採掘地で何が起きているか?足尾、水俣、そして人形峠…。日本の鉱害史の空白を埋め、核のゴミの世紀に警鐘を鳴らす市民運動家と科学者の共同の労作。

目次

東海村の事故から人形峠の原点へ
東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判(ウラン残土の放置発覚;ウラン残土の撤去交渉;実力行使から裁判提訴へ)
人形峠ウラン鉱山などの汚染と課題

出版社内容情報

足尾、水俣、そして人形峠……。
原子力の起点のウラン採掘地で何が起きているか? 発覚したウラン残土の放置に、住民と自治会はどう闘ったか? 二転三転したウラン残土の撤去先、無責任な核燃機構と監督官庁、住民はついに核のゴミの撤去を求めて提訴! 人形峠ウラン公害裁判の徹底ルポに、被爆や汚染の実証データも多数掲載し、日本の原子力行政に警鐘を鳴らす注目の1冊です。

はじめに

第一章/東海村の事故から人形峠の原点へ

一 理不尽な苦しみに立ち上がった住民
二 ついに起きた東海村臨界事故
三 加害者に責任をとらせる道

第二章/東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判

1・ウラン残土の放置発覚
一 人形峠周辺のウラン残土放置 
二 ウラン残土による汚染と被曝

第三章/東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判

2・ウラン残土の撤去交渉
一 守られなかったウラン残土撤去
二 二転三転したウラン残土の撤去先

第四章/東郷町方面地区のウラン残土撤去裁判

3・実力行使から裁判提訴へ
一 ウラン残土撤去の実力行使
二 ウラン残土撤去の裁判提訴

第五章/人形峠ウラン鉱山などの汚染と課題

一 天然に存在している放射性物質
二 人為的に高められた天然放射線
三 人形峠ウラン鉱山
四 問題と課題

年表 鳥取県東郷町方面地区のウラン残土撤去運動
あとがき

行政の無責任体制がイヤというほど分かります。でもこれって事実だから認めるしかない。読後感は「ただただ怒り最高潮!」となり、後味も良いとは言えません。一方で、新・鳥取県知事の英断などにも触れており、感情的な住民運動本はまっぴらゴメン! という人にも一読をおすすめします。