国家と音楽家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 370p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822813864
  • NDC分類 762.8
  • Cコード C0073

内容説明

ヒトラーに翻弄されたフルトヴェングラーとカラヤン、ムッソリーニに抵抗したトスカニーニ、スターリンに死の寸前まで追い詰められたショスタコーヴィチ―20世紀という戦争と革命の時代、音楽家はいかに国家と対峙したのか。

目次

第1章 独裁者に愛された音楽
第2章 ファシズムと闘った指揮者
第3章 沈黙したチェロ奏者
第4章 占領下の音楽家たち
第5章 大粛清をくぐり抜けた作曲家
第6章 亡命ピアニストの系譜
第7章 プラハの春
第8章 アメリカ大統領が最も恐れた男
エピローグ 禁じられた音楽

著者等紹介

中川右介[ナカガワユウスケ]
1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。「クラシックジャーナル」編集長。膨大な資料から埋もれた史実を発掘し、新たな歴史を構築する執筆スタイルで人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ろべると

5
ソビエトをはじめとして、ナチス・ドイツやフランコ独裁のスペインなど、政治に翻弄される芸術家、ここでは音楽家に絞って取り上げられている。体制に迎合する者、断固闘う者、亡命を余儀なくされる者、みな政治の荒波に翻弄された、ある意味での犠牲者である。犠牲者と言えば、ガス室送りになった沢山のユダヤ人音楽家なども忘れてはならない。本書は有名人に絞って事実を淡々と綴っている。あえてドラマチックな描き方はしていないのが、史料的な価値を感じさせる。2022/04/25

ポルポ・ウィズ・バナナ

1
「音楽に政治を持ち込むな」というどうしようもないアホはほっておくとして(本当にどうしようもない)、予想以上に面白い本だった。だからといって音楽は(というか藝術は)政治を動かすことができるか?というとそうではない。しかし、沈黙よりはましだろうと。「ショスタコーヴィチは裕福な家庭ではなかったが音楽院に通うことができた。ソビエト政権は社会主義体制においても優れた藝術・文化が存在することを内外に誇示する必要に迫られ、藝術家の育成には熱心だった」あとやっぱロシアって政治的には欧州ではなくアジアだなあと痛感。2016/08/23

汲平

1
芸術や音楽は政治とは別物だなんてのは幻想だ。フルトヴェングラー、カラヤン、トスカニーニ、カザルス、コルトー・・・誰もが知っている大音楽家も政治との関わりでその評価を変える。芸術は強大な国家権力の前では無力かもしれない。だがたとえ蟷螂の斧であってもそれを振り上げずにはいられない、それが芸術家の良心。止むに止まれぬ芸術的衝動というやつなんだろう。芸術への感動と、音楽家の人間性への感動は別物。だが、知って聴くのと、知らずに聴くのとでは大違い、そういうものだ。2014/09/15

M S

1
音楽そのものは政治や権力とは本来関係ないはずだが、権力は音楽を利用し、音楽に政治的な色彩がつくこともある。音楽家もまた同様である。しかし、音楽家は権力に対してあまりにも無力であることも事実だ。2014/01/27

Nao

0
歴史への知識が浅いので過酷さは3割も理解してないのかもしれませんが、作曲者・演奏者それぞれの出身地や人種、誰に愛されたかなど音楽と戦争、政治には大きな繋がりがあったのだと初めて知りました。 今、日本ではどんな音楽も好きに聞くことが出来るのは素晴らしいことですね。2014/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7508129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。