ベートーヴェンとベートホーフェン―神話の終り

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822813833
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C0073

内容説明

ベートーヴェンって、誰?聖人か、天才か、凡人か。楽聖の真実。

目次

第1章 盛名
第2章 有名人の肖像
第3章 ゲーテとベートホーフェン
第4章 女たちの影
第5章 “不滅の恋人”
第6章 愚行
第7章 革命的な音楽家
第8章 栄冠
第9章 終章・フェニックスの歌
巻末付録 “不滅の恋人”への手紙

著者等紹介

石井宏[イシイヒロシ]
1930年、東京生まれ。音楽評論家・作家・翻訳家。東京大学文学部美学科および仏文科を卒業。モーツァルト評論の第一人者と目され、評論活動のほか、ラジオやテレビの番組でも評判となる。2004年、『反音楽史 さらば、ベートーヴェン』(新潮社)で山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしださいめい

1
「ベートホーフェン」という呼称から、誤って広まった神話を打ち砕くような解説はおもしろかった。しかし、所々でてくる蔑称に辟易。また、文献を読み込み、論述しているにちがいないが、巻末に参考文献が記載されていないことも不満。2020/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7510066
  • ご注意事項