生物時計はなぜリズムを刻むのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822282615
  • NDC分類 463.9
  • Cコード C0045

内容説明

ヒトの体内時計25時間説は実験の不備。素数ゼミをだました実験で1年早く地上に出させた。ヒトの体内時計は、脳内のマスタークロックと多くの末梢クロックから成るシステム。体内時計の常識のウソを科学する。

目次

「内的な一日」と「外的な一日」
時刻を知る
振り子、時計、砂時計
日変化というハードル
時計を探して
時計に当たる光
分子時計―タンパク質が「カチッ」、RNAが「コチッ」
少しの動物種とたくさんの時計
季節の変動
時計の進化
睡眠と能率
季節性感情障害と交代勤務
薬の投与と体内時計
未来の時間―ユークロニア(同調世界)か、ディスクロニア(脱調世界)か

著者等紹介

フォスター,ラッセル[フォスター,ラッセル][Foster,Russell]
英Imperial College医学部の分子神経科学に関する教授。時間生物学を専門とする国際的権威。火星への有人宇宙飛行の際の行動を快適にするためのNASA研究チームに参加している

クライツマン,レオン[クライツマン,レオン][Kreitzman,Leon]
著述家、放送キャスター、社会学者およびバイオロジー研究者

本間徳子[ホンマノリコ]
国立豊田工業高等専門学校情報工学科卒業。医療機器メーカーに勤務して、装置説明の英訳・和訳、医学文献の和訳などを担当した後、フリーランスの医学翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。