FinTechの法律〈2017‐2018〉

個数:
電子版価格 ¥2,916
  • 電書あり

FinTechの法律〈2017‐2018〉

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 543p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784822259334
  • NDC分類 338.32
  • Cコード C0032

内容説明

2017年5月国会成立の銀行法改正、わかりやすく解説。銀行API公開でIT業界はどう変わる?押さえておきたい最新トピックス新規収録。

目次

第1章 2017年、FinTech業界はこう変わる(2年連続の銀行法改正、激動のFinTech業界;改正割賦販売法施行で決済の常識も変わる ほか)
第2章 FinTechを理解する66のQ&A(FinTechとは;FinTechのインパクト ほか)
第3章 海外注目サービスと日本の規制(“米Square”トランザクションレンディングの代表格「Square Capital」、上陸の条件;“米Simple”海外で台頭するネオバンク「Simple」が必要とするライセンスは ほか)
第4章 FinTechを取り巻く規制(資金決済法(電子マネー)
割賦販売法(決済) ほか)
第5章 FinTech行政の動き(金融庁;経済産業省 ほか)

著者紹介

増島雅和[マスジママサカズ]
弁護士・ニューヨーク州弁護士。東京大学法学部・コロンビア大学法科大学院卒業。2006年~2007年カリフォルニア州パロアルト市Wilson Sonsini Goodrich & Rosati法律事務所、2010年~2012年金融庁監督局保険課及び同局銀行第一課(課長補佐)、2013年経済産業省「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」新事業創出支援者会議委員、2016年経済産業省「ブロックチェーン検討会」委員、2016年経済産業省「FinTechの課題と今後の方向性に関する検討会合(FinTech検討会合)」委員

堀天子[ホリタカネ]
弁護士。慶應義塾大学法学部卒業。2008年金融庁総務企画局企画課調査室に出向。2009年~2010年金融庁総務企画局企画課信用制度参事官室。2013年より一般社団法人日本資金決済業協会資金決済法に関するフォローアップ委員会委員、2014年より金融審議会専門委員(決済業務等の高度化に関するスタディ・グループ及び同ワーキング・グループ)。一般社団法人FinTech協会理事、一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)リーガルアドバイザー、ゲーム業界の資金決済法対応に関する研究会委員、金融資本市場のあり方に関する産官学フォーラム委員などを歴任

石川貴教[イシカワタカノリ]
弁護士。東京大学法学部卒業。2013年~2014年金融庁監督局銀行第一課に出向。2007年~2012年及び2015年より中央大学法科大学院非常勤講師(企業金融と法)。主な取扱分野は、金融規制・規制法対応、訴訟・紛争解決、コーポレート・ガバナンス

白根央[シラネヒロシ]
弁護士。東京大学法学部。東京大学法科大学院卒業。主な取扱分野は、金融規制・規制法対応、訴訟・紛争解決、コーポレート・ガバナンス。現在森・濱田松本法律事務所アソシエイト

飯島隆博[イイジマタカヒロ]
弁護士。東京大学法学部卒業。2015年より東京大学法科大学院未修者指導講師。主な取扱分野は、金融規制・規制法対応、M&A、税務、ベンチャー法務。現在森・濱田松本法律事務所アソシエイト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)