気まぐれ消費者―最高の体験と利便性を探求するデジタル時代の成長戦略

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

気まぐれ消費者―最高の体験と利便性を探求するデジタル時代の成長戦略

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2017年10月24日 04時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784822255305
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C0034

内容説明

ブランドへの忠誠心が低い、デジタルを駆使して情報を収集する、移り気だが気に入った製品・サービスは積極的に広める―神出鬼没で気まぐれ、つかみどころがない「液状消費者」。そんな新時代の消費者が市場を圧倒し、今後の消費動向のカギを握る。「液状消費者」の行動特性・心理特性を深く捉え、企業経営やブランディングに及ぼす影響・対応を提言。なかでも特徴的な日本の「液状消費者」と対峙するための考察を追加章として収録。

目次

第1部 顧客に焦点を合わせる(体験か利便性か―「液状消費者」を満足させるための道筋;効果的なプラットフォームの構築;デジタルを利用したカスタマー・ジャーニーを考える;売り手と作り手があいまいな世界でつながりを築く)
第2部 社内に焦点を合わせる(液状消費者と対峙するための備え;断片化された新興市場から得られる示唆;2つのエンジンで革新を起こす;「ニュー・ノーマル」なマーケティングのフレームワークづくり;未来へのエピローグ―20年後の液状消費者へのサービス;日本企業が液状消費者と向き合うために)

著者紹介

コレイア,テオ[コレイア,テオ] [Correia,Teo]
アクセンチュア消費財・サービス業部門のシニアマネジング・ディレクター。同ジャンルに30年近い実績があり、とくにデジタル戦略および組織改革を得意とする。スタートアップ企業や起業家に向けたデジタル戦略プログラムの開発なども手がけている

関一則[セキカズノリ]
アクセンチュア製造・流通本部、消費財・サービス業グループ総括、マネジング・ディレクター。慶応義塾大学理工学部修士課程卒業。1994年現アクセンチュア入社。消費財業界を中心にマーケティング・営業・SCMなど幅広い領域で戦略策定から業務変革・システム化・変革実行支援までエンド・ツー・エンドのトランスフォーメーションに従事。2008年より現職

月沢李歌子[ツキサワリカコ]
翻訳家。津田塾大学英文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

デジタル技術を駆使して製品を購入し、ブランドにこだわらない。グローバル市場を牽引する「液状消費者」獲得へのビジネスモデルを解説。