模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822248956
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

目次

まえがき 模倣のパラドクス
第1章 「天才のなぞかけ」―メタファーとイノベーション
第2章 「インドの露天商」―模倣すべき本質をモデリングする
第3章 「クロネコの革命」―4つの要素と5つのステップ
第4章 「2つのカフェ」―模倣の創造性
第5章 「4人の教師」―誰をどのように模倣するのか
第6章 「守破離」―手本と現実のギャップを越える
第7章 「わな」―模倣できそうで模倣できない会社
第8章 「反転」―逆発想のモデリング
第9章 「作法」―倣い方を倣う
あとがき 経営書を「消費財」で終わらせないために

著者等紹介

井上達彦[イノウエタツヒコ]
早稲田大学商学学術院教授。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授(大学院商学研究科夜間MBAコース兼務)などを経て、2008年より現職。2011年9月より独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、2012年4月よりペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニア・リサーチフェローを兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takam

15
イノベーションというと、どうも真似してはいけない創造的で崇高なことのような気がする。実際はイノベーションはNew Combinationであり、新しい結合であり、それは模倣が前提にある言葉なのだと思う。トヨタ生産方式もスターバックスも真似から入っていて、その真似から得られた経験を活かすことでより高度なシステムへと洗練することができる。日本も昔は模倣によって世界の製造業をリードしたが、今では模倣に対して変にプライドを持っているように見える。最初は模倣から始まり、そこから洗練されたサービスを作ることが大事。2020/02/26

kubottar

11
何事も模倣から始まる。しかし、尊敬できる人を真似るのは実は難しい、なぜなら人間としての地力がなければただの猿真似で終わってしまうからだ。模倣も1から10まで全て真似るのではなく、他の全く違う業種と組み合わせてみたり、自分の色を入れていく等その「先」を目指さなければならない。例外として公文式教室のようにマネようとしてもマネができない会社を目指すのが一番いいかもしれないが、難しいだろうな。2012/05/14

でじきち

7
良い模倣例多数◆ツタヤは金融を真似た物融◆トヨタ生産システムは必要な時に必要なだけ引取るスーパーから◆任天堂ファミコンは米アタリ社の1つのハードで幾つもゲームを楽しめることを模倣、失敗に学び品質レベル死守◆ドトールはパリの低価格立飲みカフェ◆スタバはイタリアエスプレッソバー。守:立飲み、イタリアBGM、バリスタ蝶ネクタイ→破:椅子、英語→離:米国人に取って居心地の良い第3の場所◆セブンイレブン、米のハンバーガーをおにぎりに◆UCCにジョージアが勝った、ポカリにアクエリアスが並んだのはコカコーラの自販機戦略2022/04/22

tkokon

7
【ふむふむ】「あなたは、トヨタから何を倣う?」「そうだろう。いろいろと倣うことができるから困惑するのも当然だ。模倣というのは実に創造的な行為だからね」確かにその通り。 ヨーロッパのカフェ文化をみた二人の人物が本書に登場する。一人は日本に持ち帰って「ドトール」を作った。一人はシアトルに持ち帰って「スターバックス」を作った。どちらも模倣からはじめて、新しい形に昇華させている。真似が出来そうでできない「公文」は未だに同じ業態でライバルと呼べる存在が無い。模倣は実に奥が深いのだ。2013/06/03

nizimasu

6
経営というのはつくづく模倣から入る守破離の世界などだと痛感する今日この頃。そんな時に我が意を得たりな本に出会えて驚いた。トヨタのかんばん方式にしろ、セブンイレブンのシステムにせよ、すべてはマネから生まれテリルのを具体的な例をあげながら詳説。なおかつ、その模倣のバリエーションについても単にまねるのか、反面教師にするのか、実は社内の横のセクションから真似ぶという手法もあるとまで紹介していて、確かに思い当たることばかり。素晴らしい現実と経営学の成果がマッチングした本でした2014/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4656608
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。