不確実性のマネジメント―新薬創出のR&Dの「解」

不確実性のマネジメント―新薬創出のR&Dの「解」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822245412
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C2034

内容説明

高度な不確実性を有するハイテク製品の開発、ビジネスに関心をもつすべての読者のために。武田薬品の強さの秘密がわかり、自動車、ソフトウェアの「イノベーション研究史」も詳説。

目次

第1章 医薬品開発は「一攫千金」のビジネスか?(医薬品開発の一般的なイメージ;新薬とは何か?:本書の分析対象;医薬品開発の特徴とは?;研究開発プロセスの実際;まとめと本書の構成)
第2章 画期的新薬はどのように開発されるのか?(二つの新薬開発物語;新薬開発の成功要因を探る;探索段階のマネジメント可能性;「ゴミ箱モデル」が当てはまる探索段階)
第3章 医薬品開発における競争優位の源泉は何か?(「go or no‐goの判断」能力と競争優位;製薬企業の「go or no‐goの判断」能力を比べる;「プロトコル・デザイン」能力と競争優位;組織能力の構築プロセス)
第4章 優れた製品開発マネジメントの産業間比較(成功する製品開発マネジメントとは;「成功要因」の考え方・測り方;製品・産業により成功パターンは違うのか?;医薬品開発の特殊性を産業間比較から分析する)
終章 研究開発戦略と企業戦略(本書で何を議論してきたのか;企業戦略への示唆―研究開発戦略を超えて)

著者等紹介

桑嶋健一[クワシマケンイチ]
筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授。専門は経営学・研究開発マネジメント。1971年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。東京大学大学院経済学研究科助手を経て現職。東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。