薬局で使える実践薬学

個数:
電子版価格 ¥6,264
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

薬局で使える実践薬学

  • ウェブストアに36冊在庫がございます。(2017年12月11日 15時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 448p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784822239619
  • NDC分類 499
  • Cコード C3047

内容説明

ARBの変更で尿酸値が上昇?半減期24時間の睡眠薬は飲むと1日中眠くなる?抗不整脈のQT延長にどう注意?CCrとeGFRの使い分けは?―ひのくにノ薬局で、添付文書情報や薬学部で学んだ知識を120%活かすための“考え方”を学びませんか?

目次

4月―睡眠薬の分類と服薬指導のヒント
5月―原則通りにいかない薬物動態学のワナ
6月―“機序不明”の陰にトランスポーターあり
7月―CYPが関与する相互作用を見抜くコツ
8月―腎機能チェックはこれで完璧!
9月―抗不整脈薬の副作用から患者を守れ
10月―DOACの登場がもたらしたインパクト
11月―新旧PPIの比較から見えてくること
12月―NSAIDsの温故知新
1月―ARBの薬理にまつわるエトセトラ
2月―百花繚乱の血糖降下薬を究める
3月―化学構造式だって意味がある

著者紹介

山本雄一郎[ヤマモトユウイチロウ]
1998年熊本大学薬学部卒。製薬会社でMRとして勤務した後、アップル薬局(本社:熊本市中央区)に入社。2008年にブログ「薬歴公開byひのくにノ薬局薬剤師。」を開設し、POS(問題志向型システム)の考え方を用いたSOAP形式の薬歴や考察を公開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

薬の知識、日ごろの薬局業務に活かせていますか?わかったつもりの説明から脱し、薬の知識を踏まえた考え方をマスターしよう。薬の知識、日ごろの薬局業務に活かせていますか?
わかったつもりの説明から脱し、
薬の知識を踏まえた考え方「実践薬学」をマスターしよう。

DI Online人気連載「薬局にソクラテスがやってきた」の著者が、実践薬学のノウハウを伝授!

「半減期24時間のユーロジンは、飲むと1日中眠くなる?」
「アーチストに、1日1回と1日2回の用法がある理由は?」
「高齢女性へのセレコックスは要注意!」
「ARBの変更で、尿酸値が上昇したのはなぜ?」

??処方監査や服薬指導といった薬局業務では、薬物動態学や薬理学の真理に関わる様々な疑問に遭遇します。きちんと理解していないと、添付文書に書かれた内容しか説明できない薬剤師に…。実践薬学では、そんな真理を日ごろの業務に活かすための考え方を養います。

ひのくにノ薬局で月1回開かれる勉強会形式で、若手薬剤師のケンシロウとあゆみさん、そしてユウさんが、添付文書情報や薬学部で学んだ知識を120%活かすための”考え方”をわかりやすく解きます。

<<主な内容>>
4月  睡眠薬の分類と服薬指導のヒント
5月  原則通りにいかない薬物動態学のワナ
6月  “機序不明”の陰にトランスポーターあり
7月  CYPが関与する相互作用を見抜くコツ
8月  腎機能チェックはこれで完璧!
9月  抗不整脈薬の副作用から患者を守れ
10月 DOACの登場がもたらしたインパクト
11月 新旧PPIの比較から見えてくること
12月 NSAIDsの温故知新
1月  ARBの薬理にまつわるエトセトラ
2月  百花繚乱の血糖降下薬を究める
3月  化学構造式だって意味がある

4月 睡眠薬の分類と服薬指導のヒント
 1 半減期24時間のユーロジンは飲むと1日中眠くなる?
 2 エバミールが高齢者に使いやすいのはなぜ?
 3 BZD系と非BZD系の違いはどこにある?
 4 Z-Drugは本当にBZD系よりも転倒リスクが少ない?
 5 新規睡眠薬の特徴(その1)?睡眠-覚醒リズムを改善するロゼレム?
 6 睡眠薬の代わりになる催眠・鎮静系抗うつ薬
 7 新規睡眠薬の特徴(その2)?定常状態でも起きられるベルソムラ?
 〔コラム〕高齢者の「早寝」はかえって不眠をもたらす!?

5月 原則通りにいかない薬物動態学のワナ
 1 ベシケアによる口渇、開始1週間で出現しなければ大丈夫?
 2 リバロは“隔日投与”でも効く?
 3 アーチストに1日1回と1日2回の用法がある理由
 4 LABAがLABAたるゆえんを探る
 5 「シムビコート=SMART療法」とは限らない
 〔コラム〕腸肝循環によって薬効をもたらす薬

6月 “機序不明”の陰にトランスポーターあり
 1 ネオーラルと併用できるスタチンはどれ?
 2 オイグルコンとリファンピシンの併用で低血糖が起きたのはなぜ?
 3 トランスポーターがとっつきにくい理由はここにあった!
 4 メトグルコの体内での動きをトレースしてみる
 5 トランスポーターが関わる併用禁忌を押さえよ
 6 ジゴキシンとの併用に注意すべきP-gp阻害薬の見分け方
 7 リファンピシン併用によるジゴキシン血中濃度低下の機序
 〔コラム〕ジゴキシンの感受性に影響する相互作用
 〔コラム〕1つの薬をADMEで追ってみる

7月 CYPが関与する相互作用を見抜くコツ
 1 デプロメールと“頭痛薬”の危険な飲み合わせ
 2 イトリゾールでふらつき、原因は意外な所に!
 3 シュアポストとプラビックス、“併用注意”のなぜ
 4 アミオダロンはS体がお好き!?
 5 C型肝炎の薬に抗HIV薬が配合されているワケ
 6 ノルバデックス+ベタニス=薬効増強?減弱?
 7 CYP阻害薬の“強さ”はどうやって決まる?
 8 シメチジンとテオフィリンの併用注意、疑義照会は必要?
 〔コラム〕ワーファリンとフロリードゲル、併用禁忌の裏側

8月 腎機能チェックはこれで完璧!
 1 肝排泄型、肝代謝型、肝消失型の違いは?
 2 第100回薬剤師国家試験に異議あり!
 3 どうする?自力歩行できない高齢者へのタミフル投与量
 4 減量だけで万全?腎障害時のリリカの副作用対策
 5 CCrとeGFRをどう使い分ける?
 6 サインバルタが透析患者に禁忌なのはなぜ?
 7 高度腎障害患者でクレストールの血中濃度が上昇する理由
 〔コラム〕蛋白結合置換が関与する相互作用は起こらない?

9月 抗不整脈薬の副作用から患者を守れ
 1 QT延長に伴う心室頻拍に注意すべき抗不整脈薬
 2 QT延長からのTdPを回避するためには?
 3 抗不整脈薬の動態学的相互作用、「併用禁忌」のカラクリ
 4 添付文書に書かれていないシベノールの初期投与量
 5 リスモダンとサンリズム、腎障害時の減量法は?
 〔コラム〕審査報告書を活用しよう

10月 DOACの登場がもたらしたインパクト
 1 DOACの服用回数の不思議
 2 DOACの投与量から患者背景を推測する
 3 「納豆OK」だけじゃない!DOACの本当の利点
 4 心房細動の治療は抗凝固薬だけでいい?
 〔コラム〕パラメータが意味するもの

11月 新旧PPIの比較から見えてくること
 1 “PPI抵抗性GERD”にはこう対処!
 2 PPIの食前投与vs食後投与、どちらが有効?
 3 タケキャブと既存PPIはどう違う?
 4 ランソプラゾールで大腸炎の報告が多い理由
 〔コラム〕SOAPは単なる薬歴記載方法にあらず

12月 NSAIDsの温故知新
 1 アスピリンジレンマは存在しない!?
 2 高齢女性へのセレコックスは要注意!
 3 NSAIDsの肝腎な「肝」の話
 4 NSAIDsの肝腎な「腎」の話
 〔コラム〕「肝機能はASTやALTの値を見れば分かる」って本当?

1月 ARBの薬理にまつわるエトセトラ
 1 ARBの変更で尿酸値が上昇したのはなぜ?
 2 ARBと利尿薬をあえて単剤で処方する理由
 3 頭痛にも効果のあるブロプレス
 4 夜間高血圧に向く降圧薬と服用時点
 5 ミカルディスがNASHに効くメカニズム
 6 アルドステロン・ブレイクスルーを起こしにくいオルメテック
 〔コラム〕バイオアイソスターって何ですか?
 〔コラム〕コンプライアンスという概念を使いこなせていますか

2月 百花繚乱の血糖降下薬を究める
 1 メトグルコへのありがちな誤解と真の実力
 2 メトグルコの交付時に「用心」すべきこと
 3 SU薬の弱点・低血糖はなぜ起きる?
 4 SU薬の違いは「心」にもある
 5 シグマートがただの硝酸薬じゃない理由
 6 “グリニド薬は弱いSU薬”じゃない!
 7 三者三様のグリニド薬のADME
 8 DPP-4阻害薬の作用機序を理解する
 9 9種類のDPP-4阻害薬を徹底比較!
 10 SGLT2阻害薬による皮膚の痒み、「アレルギー性」とは限らない
 11 SGLT2阻害薬のわずかな違いに目を向けてみる
 〔コラム〕熊本地震と薬剤師

3月 化学構造式だって意味がある
 1 似て非なるミルタザピンとミアンセリン
 2 抗ヒスタミン薬の鎮静性を決定付ける部分構造
 3 リレンザで発疹歴のある患者にイナビルは投与できる?
 4 アロプリノールからフェブリクへの“世代交代”の理由
 5 コリンエステラーゼ阻害薬同士の切り替えは有用?

山本 雄一郎[ヤマモト ユウイチロウ]

日経ドラッグインフォメーション[ニッケイドラッグインフォメーション]