『教科の本質がわかる授業』シリーズ<br> 中学年の体育

個数:

『教科の本質がわかる授業』シリーズ
中学年の体育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年11月19日 07時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784820803539
  • NDC分類 375.492
  • Cコード C3337

内容説明

できることの達成感をあじわい、グループ学習で共にわかる楽しさを。中学年期の体育のねらい、重点教材と年間計画から、具体的な授業プランで構成。

目次

第1章 中学年体育の本質
第2章 中学年体育の授業プラン(陸上運動‐リレー―リレーは、足の速い子だけが活躍する運動だと思っていませんか?;ねこちゃん体操―準備運動を体ほぐしのためだけと考えていませんか?;マット運動‐側転から連続技づくり―前転や後転ができるようになることだけをめざしていませんか?;水泳‐ドル平泳法・コロン泳ぎ―水泳の基本はバタ足だと考えていませんか?;鉄棒運動‐こうもりふりおりから連続技づくり―逆上がりをできることだけが鉄棒だと思っていませんか?;とび箱運動‐横とびこしから閉脚・開脚とびへ/台上前転―高い段をとべるようになることだけをめざしていませんか?;ボール運動1‐ラグハンドボール―じょうずな子ばかりがシュートをしていませんか?;ボール運動2‐セストボール―ボールを持っていない子にも指導していますか?)

著者等紹介

柴田義松[シバタヨシマツ]
東京大学名誉教授、日本教育方法学会常任理事

大貫耕一[オオヌキコウイチ]
調布市立国領小学校教諭

岸野存宏[キシノマサヒロ]
東京学芸大学附属世田谷小学校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。