経営参謀としての士業戦略―AI時代に求められる仕事

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

経営参謀としての士業戦略―AI時代に求められる仕事

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月19日 10時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784820731733
  • NDC分類 366.29
  • Cコード C2034

出版社内容情報

AIの利用が広がるにつれ、弁護士や弁理士など企業法務に関わる士業が「定型的な独占業務はAIに取って代わられかねない」と危機感を強めています。
起業して新事業を始めたり、いち早くAIを取り入れたりするなど、業務の見直しに取り組む動きも出始めている一方で、「人間にしかできない仕事」としてコンサルティングを志向する動きが出てきています。士業の専門知識に加え、経営参謀としての能力を備えれば、AIとの共存は十分に可能です。
本書は、AI時代に食える士業であり続けるためのバイブルとして持っておくべき1冊です。

【「はじめに」より】

いま、士業は過渡期を迎えようとしています。
「機械に士業の仕事が奪われる」──そんな言葉も頻繁に目にするようになりました。たしかに一部の仕事は機械に奪われていくでしょう。しかし、士業の仕事がすべてなくなるわけではなく、人間にしかできない士業の仕事もまだまだあります。その一つが経営参謀という仕事です。
 
私は経営参謀としてさまざまな経営者とお付き合いする中で、経営者は業績拡大や新規事業の立ち上げといった「攻め」の部分は得意でも、法律や会計、税務、労務といった「守り」の部分には疎いと感じることが多々あります。この「守り」の部分は士業の専門分野であるため、士業は経営者の弱点を補完する経営参謀としてうってつけの存在だといえます。
 
実際に私も公認会計士、税理士として会計や税務といった「守り」の部分から関与を始め、次第に経営全般のご相談に乗るようにしていった結果、経営参謀として複数の会社の経営に関わるようになりました。
 
そしてこの経営参謀としての経験から、経営者が何に悩み、その悩みに対してどう関わるかということについて講演や講座でお伝えさせていただいているうちに、経営参謀として活躍する弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、弁理士の方も増えてきました。
 
そこで、AIやITなどの技術革新が続く中、人間にしかできない士業の仕事で付加価値をつけ、そういった仕事をどのように獲得していくかについて、私がこれまで士業の方に助言させていただいてきた内容をお伝えすべく、本書を以下の構成で執筆しました。

第 1 章:AI時代に士業が求められる仕事
第 2 章:士業の業務が自動化される可能性
第 3 章:AI時代の事業戦略
第 4 章:経営参謀になり業務を獲得する
第 5 章:士業の可能性をさらに広げる
第 6 章:これからの士業のマーケティング戦略
第 7 章:これからの士業の組織戦略
第 8 章:これからの士業の意識戦略
 
そしてもう一つ本書を通じてお伝えしたいのは、「機械化が進めば進むほど、『人間』の時代になる」ということです。どれだけ機械化が進んでも、人間には「人間であること」という強みがあります。それは「人間らしさ」や「人間力」と表現できるか

内容説明

AIとの共存共栄策として、「経営参謀」を育てるプロによる、AI時代に食える士業であり続けるためのバイブル。

目次

第1章 AI時代に士業が求められる仕事
第2章 士業の業務が自動化される可能性
第3章 AI時代の事業戦略
第4章 経営参謀になり業務を獲得する
第5章 士業の可能性をさらに広げる
第6章 これからの士業のマーケティング戦略
第7章 これからの士業の組織戦略
第8章 これからの士業の意識戦略

著者等紹介

藤田耕司[フジタコウジ]
一般社団法人日本経営心理士協会代表理事、FSGマネジメント株式会社代表取締役、FSG税理士事務所代表。公認会計士、税理士、心理カウンセラー。19歳から心理学を学び、心理カウンセラー等の複数の心理系資格を取得。2011年に監査法人トーマツを退職し、コンサルティング会社と会計事務所を設立。人材育成から労務問題、採用、営業、マーケティングまで幅広い分野で、これまでに1,000件超の経営相談を受け、数字と人間心理の両面から経営改善を行う。現在、経営者人材や経営参謀の育成を目的として経営心理学を伝える経営心理士講座を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yc

7
専門家の本なのに固くなく、良い内容だった。士業の最大の長所はやはり、信用を得やすいことに尽きると思う。技術の進歩に圧倒されず、使う側に回るためのtipsが多く書かれていた。ツールはハイテク、マインドはアナログという一文が本書をよく表していると思う。2023/04/19

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/11/13

まんまる

1
この著者は相当できる人だ。2022/12/19

すえ

1
作業から「コンサル」へ。資格だけでは飯は、食べれず。傾聴して問題解決する士業に。2021/04/20

Yoritoku Nakagawa

1
私自身が経営参謀と名乗るようになって20年近くが経つ。同名の本書を読んでみてその中に「Humanity(人間性)」の重要性が語られていた。全く同感である。知識や技術はもちろん必要であるが、人間性に欠陥があれば上手くいくはずがない。ところが、そこに気づいて何らかの対策を行っている士業は少数派ではなかろうか。2019/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13861117
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。