会計知識ゼロからのはじめての予算管理

個数:
電子版価格
¥1,584
  • 電書あり

会計知識ゼロからのはじめての予算管理

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月19日 01時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784820728412
  • NDC分類 336.86
  • Cコード C2034

出版社内容情報

会計や数字が苦手でも、予算の実務を何とかしたい方へ

「予算」と聞くと、苦笑いを浮かべたり、険しい表情になったりする方が多いのではないでしょうか。特に仕事上かかわりの深い管理職の方であればなおのことでしょう。

ビジネスにおける予算は、大企業から中小・零細企業、果てはフリーランスに至るまですみずみに浸透し、その業務活動を支えています。いまや現代社会において、予算を全く考えないでビジネスを行うことは不可能に近いです。裏を返せば、その予算について実務のやり方を知っていれば、ビジネスを行いやすくなるとも言えます。

とはいえ冒頭でも述べたように、予算の実務=予算管理については一般的に苦手とする方が少なくありません。一般社員までなら、売上目標などのわかりやすいノルマだけを考えていれば何とかなっていたかもしれませんが、管理職に昇進して部門・部署の予算管理が業務に入ってくると、予算を無視することはできなくなります。予算という概念は会計、とりわけ管理会計の考えが基になっているので、もともと会計に関心があって知識がある方なら予算管理に入り込みやすいかもしれませんが、そうでない方にとっては苦痛を伴うものと感じてしまいがちです。また、予算のイメージから、会計の知識やスキルをまず習得する必要性を考えてしまい、その勉強に尻込みしてしまう方もいらっしゃいます。

そこで本書は、予算管理に初めて直面して悩む新任管理職の方々に向け、予算管理に必要と言われている会計知識やスキルの理解が最小限で済むよう解説しました。具体的には、よくある会計学の体系順ではなく、ビジネスの現場で管理職が直面しやすい実務の順で解説しています。その際は理解の一助として、年度の途中で昇進した新任管理職が、はじめて予算をまとめたり、報告したり、作成したりするショートストーリーを収録しました。

本書は4章までが予算管理の対処方法を解説し、5章以降は予算管理に役立つ会計の考え方を少しだけ紹介しています。会計的な考え方を学ぶのは、管理職1年目の予算管理を乗り切ってからでも遅くありません。まずは4章までで予算管理を実務として押さえ、慣れてきたら5章以降を読んで実務を補強していきましょう。

内容説明

予算管理は現場にとって負担―その考えは非常にもったいないです。実は予算管理で役立つのは簿記や会計の知識ではなく、現場の実務に関することであり、逆に予算管理が実務に役立つからです。

目次

0 予算管理は管理職の必須スキル
1 月次決算―10月
2 業績見込―11月
3 予算作成(前半)―1月
4 予算作成(後半)―2月
5 KPI―5月
6 部門別PL―7月
エピローグ―9月

著者等紹介

梅澤真由美[ウメザワマユミ]
公認会計士、管理会計ラボ株式会社代表取締役。ボンド大学ビジネススクール(MBA)修了。静岡県出身。京都大学大学院農学研究科在学中に公認会計士試験に合格し、監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)にて会計監査に従事。日本マクドナルド(株)で経理・予算管理など、経営財務分野の幅広い業務に携わったのち、ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)にてファイナンス(経営企画)マネージャーを歴任。事業会社2社で通算10年勤務した後、現在の管理会計ラボ株式会社を設立。現在は、日本では数少ない予算管理など管理会計専門の「実務家会計士」として、コンサルティング業務に従事する傍ら、メガバンク系シンクタンクでも多数登壇。上場会社など複数社にて社外役員も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モンタニー

1
予算管理に携わるので手に取ってみた。経理部門というより事業側の目線だが、基本的な考え方などわかりやすく参考になった。2022/01/14

美影ネコ(勉強/仕事)

0
完全に"事業部の管理職になった人"向けの本。だが、経企の自分から見ても各事業部の人がどういう視点で予実管理しているのかを知る良い機会になった

Ayaka

0
実際に数値を使って、各企業の予算管理の事例を紹介していくよりかは、会社内での予算管理におけるコミュニケーションの取り方に重きを置いてる本。 実際の会社の事例を数値事例とともに見たかったのだか、記載がなかった 製品単位での収益比較表や予算管理等、もう少し詳細に記載してほしかった 全体的に薄い本

ヨシ

0
確かに会計知識がなくても勘所をおさえることができる2022/09/26

aquatales

0
自社の予算管理が特殊であるのかどうかよくわからなかったが、本書にあるような予算管理の基本的な考え方が該当するものであることがよく分かった。予算管理は業種、規模部門等会社により異なることが前提となっており、共通であるベーシックな部分についてのみフォーカスされているので、記載されている直面するであろう問題はほぼ体験として理解することができた。専門性は低いが、この手の本にありがちな、ある業種の事例が汎用性のあるものとして語られたときに、自社とは関係ないと感じて理解への意欲が薄れてしまうことがない点は良かった。2021/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16530992
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。