産経セレクト<br> 韓国リスク―半島危機に日本を襲う隣の現実

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり

産経セレクト
韓国リスク―半島危機に日本を襲う隣の現実

  • ウェブストアに99冊在庫がございます。(2018年10月17日 05時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 241p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784819113298
  • NDC分類 302.21
  • Cコード C0095

内容説明

「当事者意識ゼロ」に戦慄。なぜこんなに幼稚で無責任なのか?北の脅威に「日米韓で連携」は甘い。かの国の裏切りと実態を解き明かす。

目次

第1章 韓国の平和・統一妄想(強制退去の理由;思い込みと妄想的見立て ほか)
第2章 軍事音痴の国(軍事境界線の韓国側はのんびり;前線での失敗は日常茶飯事 ほか)
第3章 朝鮮半島、もう一つのリスク(韓国型共産体制へ;北に近づくのはいいこと ほか)
第4章 論理が通用しない国(危機は朝鮮半島からやってくる;グリーンスパンがボロクソに書いた理由 ほか)
第5章 韓国リスクを報じない日本(韓国がお膳立て;日本メディアを選別 ほか)

著者等紹介

室谷克実[ムロタニカツミ]
評論家。1949(昭和24)年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後、時事通信社入社。政治部記者、ソウル特派員、宇都宮支局長、「時事解説」編集長などを歴任。2009年に定年退社し、評論活動に入る

加藤達也[カトウタツヤ]
元産経新聞ソウル支局長。1966(昭和41)年、東京都生まれ。91年、産経新聞入社。浦和総局、夕刊フジ報道部を経て99年から社会部で警視庁(公安・警備部門)、拉致問題などを担当。2004年、韓国・延世大学校で語学研修。社会部、外信部を経て10年11月からソウル特派員、11年11月、ソウル支局長。14年10月から社会部編集委員。支局長当時の14年8月、セウォル号事故当日の朴槿恵大統領の「空白の7時間」について産経新聞のインターネットコラムで論評。直後から15年4月まで出国禁止に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。