トランプvs.中国は歴史の必然である―近現代史で読み解く米中衝突

個数:

トランプvs.中国は歴史の必然である―近現代史で読み解く米中衝突

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年07月18日 17時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784819112987
  • NDC分類 319.530
  • Cコード C0095

内容説明

中国のデッドラインを簡単に超えたトランプ。彼は中国幻想という米国伝統の病を持たない。中国もその生死をかけて一歩も引けない理由がある。アジア覇権をめぐり米中は衝突する。だからこそ日本が危険なのだ。

目次

序章 攻守を逆転させたトランプ
第1章 アメリカの中国幻想 清朝‐国共内戦
第2章 騙され続けたアメリカ 毛沢東‐胡錦涛
第3章 本性を剥き出しにした中華帝国 〓(とう)小平‐習近平
第4章 アメリカ帝国の逆襲―習近平vs.オバマ
第5章 米中衝突で日本が危ない トランプvs.習近平

著者等紹介

石平[セキヘイ]
拓殖大学客員教授。1962年、中国四川省成都市生まれ。80年、北京大学哲学部に入学後、中国民主化運動に傾倒。84年、同大学を卒業後、四川大学講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年より執筆活動に入り、07年に日本国籍を取得。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件