「アベノミクス」の正体―政治の手段に貶められた日本経済

個数:
  • ポイントキャンペーン

「アベノミクス」の正体―政治の手段に貶められた日本経済

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784818824577
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

内容説明

経済政策で支持率アップ、「改憲」へ!?強いられたマーケットの「国家統制」を甘受する日銀、金融緩和による円安誘導「アベノミクス」が五輪後にもたらすものは?

目次

序章 安倍経済政策の副作用と弊害
第1章 安倍経済政策の反国民的性格
第2章 アジアから排除されるか、日本
第3章 神の「見えざる手」への挑戦
第4章 年金資金を危険にさらす運用
第5章 政府の軍門に下った日本銀行
第6章 財政大破綻とインフレの高進
第7章 日本経済の破局と定常型社会

著者紹介

相沢幸悦[アイザワコウエツ]
埼玉学園大学経済経営学部教授、川口短期大学ビジネス実務学科客員教授。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)