シリーズ社会・経済を学ぶ<br> 経済学にとって公共性とはなにか―公益事業とインフラの経済学

個数:

シリーズ社会・経済を学ぶ
経済学にとって公共性とはなにか―公益事業とインフラの経済学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784818822740
  • NDC分類 335.8
  • Cコード C1333

内容説明

インフラの本質は公共性にある。公益事業と公共性の接点を探りつつ、福島原発事故をきっかけに浮上する電力システムにおける公共空間の解明を通じて、公共性を考える。

目次

序章 東日本大震災と福島原発事故が問うもの
第1章 経済から見る公共性―新しい「公共」の「新しさ」について
第2章 共同体・国家および公共性―政治経済学・経済史学会からみる公共性
第3章 公共性は私的空間をいかに取り込むか―山田良治氏の所論によせて
第4章 福島原発事故と日本のエネルギー政策―「原子力立国論」の虚構
第5章 福島県と電源立地問題―遠距離送電技術の功罪
終章 3.11と再生可能エネルギー・ルネッサンス

著者等紹介

小坂直人[コサカナオト]
北海学園大学経済学部教授。1949年生まれ。北海道大学経済学部卒、東北大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東北大学経済学部助手を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。