ナイチンゲールの越境<br> ナイチンゲールはなぜ戦地クリミアに赴いたのか

個数:

ナイチンゲールの越境
ナイチンゲールはなぜ戦地クリミアに赴いたのか

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年08月16日 03時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 184p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784818023901
  • NDC分類 238.05
  • Cコード C3347

内容説明

ナイチンゲールはクリミアから帰還後、兵士を救うことができなかったことに対して、痛切な罪悪感と敗北感に打ちひしがれた。そんな彼女が英雄とされてしまったのは、歴史の大いなる皮肉といえよう。

目次

クリミア戦争はどのような戦争だったのか(玉井史絵)
ナイチンゲールはなぜ戦地に赴いたのか―そのまなざしを追って(森田由利子)
「ランプを持つ貴婦人」の誕生(杉浦裕子)
時を越えるナイチンゲールのメッセージ―ヴィクトリア女王勅撰委員会報告(丸山健夫)
「タイムズ」紙と戦争ジャーナリズム(小宮彩加)
アレクシス・ソイヤーとナイチンゲール―フランス人シェフによる戦地の食事改善(中島俊郎)
もう一人のクリミアの天使―メアリー・シーコール(大田垣裕子)
クリミア戦争とトルストイ―作家という残酷な生き物(金沢美知子)