アボジが帰るその日まで―靖国神社へ合祀取消しをもとめて

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

アボジが帰るその日まで―靖国神社へ合祀取消しをもとめて

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月21日 09時45分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784816609091
  • NDC分類 175.1
  • Cコード C0031

目次

第1章 イ・ヒジャ物語―日本で提訴するまでの足どり(生まれ育った村;歴史を見てきた江華島;朝鮮戦争;戦火を逃れて;母の再婚 ほか)
第2章 江華島ふたり旅(はじめての江華島;日韓の近代史が始まった島を歩く;明治維新5年めで対外戦争合祀が始まる;生家前で父の記憶がよみがえった;ヒジャさんの口惜しさが胸に響いた ほか)
資料 イ・ヒジャさんの裁判をもっとよく理解するために

著者等紹介

李煕子[イヒジャ]
1943年、韓国・江華島生まれ。日本軍に徴用された父親とは生後13ヵ月で生き別れた。1980年代、韓国の戦争被害者が日本政府に対して補償を求める運動に参加、父親の死亡記録、合祀記録に出会う。2001年、父親の合祀取消しを求めて東京地方裁判所に提訴、現在に至る

竹見智恵子[タケミチエコ]
1939年、埼玉県生まれ。2001年にイ・ヒジャさんと出会い、合祀取消し運動が日本社会に投げかけた意味の大きさを感じとり、取材を始めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。