気ままに、デジタルモノクロ写真入門

個数:

気ままに、デジタルモノクロ写真入門

  • 提携先に38冊在庫がございます。(2019年07月17日 06時02分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784816366314
  • NDC分類 743
  • Cコード C0072

目次

まえがきに代えて デジタルモノクロ写真、やってます
1章 モノクロ写真を始める前に(昔、写真は一部の人の楽しみ いまはだれもが撮っている;最新機種はカラーだけでなくモノクロ撮影機能も充実している;SNSの「いいね!」写真はほんとうにいい写真なのか;デジタルカメラにはデジタルカメラの撮り方がある;色がきれいなだけではつまらない だから、モノクローム)
2章 モノクロ写真って何がおもしろいのですか(デジタルモノクロ写真はもう1つのモノクロ写真;モノクロ写真はカッコイイ モノクロ写真は作品っぽい;カラー写真は視角で感じ、モノクロ写真は心で感じる;モノクロ写真が好きな人は想像力が豊かだ;写真史の作品にはモノクロ写真の魅力がいっぱい)
3章 ちょっぴり、モノクロ撮影テクニック(モノクロ写真のスタートは色彩がどんな明暗になるかを記憶する;白黒画像に慣れるためにモノクロ専用機にして撮る;プリンターと用紙の選択でモノクロ写真の味わいが変わる)
4章 モノクロフィルム体験(いま、フィルムがおもしろい フィルム写真の楽しみ方;ネガフィルムで撮ってプリンターで仕上げる;レンズ付きフィルムでフィルム体験をしてみよう;フィルム現像と引伸しの方法 フィルム現像には暗室がいらない)

著者等紹介

丹野清志[タンノキヨシ]
1944年生まれ。東京写真短期大学卒。写真家。エッセイスト。1960年代半ばより日本列島各地の都市と農漁村を巡る旅を続け、見聞きしたことを雑誌、単行本、写真集で発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

デジタルカメラは簡単にモノクロ写真を作ることができます。この本では「色をなくして見せる写真って何?」「モノクロの何がおもしろいの?」「モノクロで何を撮ればいいの?」など素朴な疑問の回答から、モノクロ写真を楽しむためのコツや撮影テクニックまで、わかりやすく解説します。