史上最強カラー図解 世界服飾史のすべてがわかる本

個数:

史上最強カラー図解 世界服飾史のすべてがわかる本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月16日 21時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784816351952
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C3070

内容説明

先史時代から現代までの世界の服飾を、絵画・イラスト・写真で解説。

目次

第1部 古代―服の誕生と古代文明 人類が服を求めた理由と、基本的な形を解説。
第2部 中世―豪華な装飾の時代 文化が発展しだした中世ヨーロッパを中心に服飾を紹介。
第3部 近世―国同士で影響し合う服飾 ブルジョワジーが登場した近世ヨーロッパの新しい服飾とは。
第4部 近代―近代化への目覚ましい進行 イギリスの産業革命がもたらした服飾史への影響を見ていこう。
第5部 近現代―現代へつながるファッション 大戦が立て続けに起きた怒涛の時代の服飾史を紹介。
第6部 21世紀―現代を彩るファッション 衣服のボーダーがなくなった現代ファッションに注目。
第7部 民族衣装―独特の進化を遂げた衣装 流行の影響を受けない民族衣装を詳しく見ていこう。
第8部 日本―和から洋へ著しい変化 私たちの国の服の歴史と、世界に誇る現代の服飾文化を解説。

著者等紹介

能澤慧子[ノウザワケイコ]
東京家政大学服飾美術学科教授。1947年生まれ。1970年お茶の水女子大学家政学部被服学科卒業。1971年文化女子大学助教授を経て、1995年より現職。服飾史全般、特にヨーロッパ服飾文化史、19・20世紀を専門とする。社会史、女性史、文化史、美術史など、多方面から服飾文化の理解を試みている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。