維新の政治と明治天皇―岩倉・大久保・木戸の「公論」主義1862~1871

個数:

維新の政治と明治天皇―岩倉・大久保・木戸の「公論」主義1862~1871

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月01日 22時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 834p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815811396
  • NDC分類 210.61
  • Cコード C3021

出版社内容情報

大変革を捉え直す

国家の危機を前に、幕末・維新のリーダーたちはいかにして政治的意思決定を行ったのか。そのとき天皇のあり方はどのように変化したのか。岩倉具視・大久保利通・木戸孝允らによる「公論」主義を軸に、倒幕から廃藩までの激動の過程を一貫した視座のもとでとらえ、新たな明治維新像を示す渾身作。

内容説明

大変革を捉え直す。国家の危機を前に、幕末・維新のリーダーたちはいかにして政治的意思決定を行ったのか。そのとき天皇のあり方はどのように変化したのか。岩倉具視・大久保利通・木戸孝允らによる「公論」主義を軸に、倒幕から廃藩までの激動の過程を一貫した視座のもとでとらえ、新たな明治維新像を示す渾身作。

目次

第1部 「公論」主義と慶喜・幕府(徳川宗家)勢力排除(孝明天皇・明治天皇と薩長討幕派―木戸・大久保らの「公論」主義の形成(文久二年~慶応三年)
孝明天皇・明治天皇と討幕派公家―岩倉・三条らの「公論」主義の形成(文久二年~慶応三年)
小御所会議への道―「公論」主義か「公議」主義か(慶応3年10月~12月8日)
小御所会議と王政復古政権―「公議」主義の抑圧(慶応3年12月9日)
王政復古政権の展開―「公論」主義と「公議」主義の対決(慶応3年12月10日~同年末)
鳥羽・伏見の戦いと朝廷―「官軍」を創る(慶応3年12月末~同4年1月上旬))
第2部 維新の大変革の始動(大坂行幸の意思決定―朝議の限界への対応(慶応四年一月中旬~同年三月中旬)
維新政権の展開と慶喜・徳川宗家処分―新体制へ(慶応四年一月下旬~同年五月)
東幸・東京奠都と明治天皇を象徴とした新体制―「公論」主義の展開(慶応4年閏4月~明治2年3月)
「公議」を求める声と朝議・政府の「権威」―「公論」主義の維持(明治2年前半))
第3部 版籍奉還をめぐる政府崩壊の危機(実質的な版籍奉還構想―大変革を目指す(慶応四年二月~明治二年前半)
版籍奉還をめぐる対立―「公論」主義者の分裂(明治二年半ば)
三職体制の意気込みと実態―「公議」主義の機能不全(明治2年秋~同3年秋)
制をめぐる対立と兵部省再建―木戸・大久保の相互不信と和解(明治2年9月~同3年9月))
第4部 廃藩置県を含む大変革の実施(実質的廃藩合意と「建国策」の併存―大変革への薩長合意(明治三年秋)
大変革の中の廃藩置県―「公論」主義の貫徹(明治三年一一月~同四年七月)
大変革と兵制・宮中の大改革―維新の諸目標の始動(明治2年夏・3年秋~明治4年12月))

著者等紹介

伊藤之雄[イトウユキオ]
1952年福井県に生まれる。現在、京都大学名誉教授、博士(文学)。著書:『昭和天皇伝』(文藝春秋、2011年、文春文庫、2014年、司馬遼太郎賞)他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。