「ひきこもり」と「ごみ屋敷」―国境と世代をこえて

個数:

「ひきこもり」と「ごみ屋敷」―国境と世代をこえて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784815811136
  • NDC分類 368
  • Cコード C3036

出版社内容情報

日本だけではない。若者だけではない。――共通性と違いに目を向けることで、初めて見えてくる処方箋。著者自身の国内外での臨床経験と、精神医学の知見を踏まえつつ、当事者と向きあい、社会に問いかける、「ひきこもり」「ごみ屋敷」問題を根本から考え直す洞察の書。

内容説明

日本だけではない。若者だけではない。共通性と違いから初めて見える処方箋。国内外での臨床経験と、精神医学の知見を踏まえつつ、当事者と向きあい、社会に問いかける洞察の書。

目次

序章 「ひきこもり」とは、「ごみ屋敷」とは何か(精神医学におけるひきこもり;ひきこもりの精神病理 ほか)
2 ひきこもり―各論(ひきこもりはヨーロッパでどう見られているか;フランスのひきこもりの精神病理 ほか)
3 ごみ屋敷(ごみ屋敷はひきこもりの高齢者版か;海外のごみ屋敷とその精神病理―ディオゲネス症候群、溜め込み障害、ノア症候群 ほか)
終章 個人の病理か、社会の病理か

著者等紹介

古橋忠晃[フルハシタダアキ]
1973年生まれ。2011年名古屋大学より博士(医学)取得。現在名古屋大学総合保健体育科学センター准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

原玉幸子

20
「ひきこもり」は自閉症と異なり、身体的或いは生物学的死は望まないが社会的死は望んでいる<72頁>や、「ひきこもり」を巡って立てられた問い、さらには「ひきこもり」に就いて言われてきたことを集積する営みこそが重要<129頁>と、日仏で訪問カウンセリング(っぽい?)・診療している著者の、学術的な報告です。それなりに興味深かったですが、「ひきこもり」は近代に形成された文化・社会的現象と言い切ってくれる方がすっきりする気がしますし、ディオゲネス症候群と「ごみ屋敷」の説明はちょっと「?」でした。(◎2023年・秋)2023/08/05

takao

1
ふむ2023/10/19

Jau

0
ラカンから社会分析から実践記録まで、抽象度が異なる論が、次々と出てくる。それらの結びつきは、感じられはするものの、説明は緻密にはなされない。 例えば『中動態の世界』に比べると、議論の筋道が緩いなあと頼りなく感じつつ、 そのうち、この著者が未だ考え中のさまざまなことを、広げている段階なのかなあ、と思い始めたら、 あとがきにその通り書いてあった。 著者の希望どおり、今後に期待。2023/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20587912
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。