帝国のフロンティアをもとめて―日本人の環太平洋移動と入植者植民地主義

個数:

帝国のフロンティアをもとめて―日本人の環太平洋移動と入植者植民地主義

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2022年08月12日 20時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 345p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810924
  • NDC分類 334.51
  • Cコード C3021

出版社内容情報

環太平洋の各地へと展開した日本人移植民の知られざる相互関係を、入植者植民地主義(セトラー・コロニアリズム)の概念を用いて一貫して把握。移民排斥を受けた日系アメリカ人によって帝国内外へ移転された人流、知識、技術、イデオロギーの衝撃を初めて捉え、見過ごされたグローバルな帝国の連鎖を浮かび上がらせる。アメリカ歴史学会ジョン・K・フェアバンク賞受賞。

内容説明

移民から「有色人種の帝国」へ。環太平洋の各地へと展開した日本人移植民の知られざる相互関係を、入植者植民地主義の概念を用いて一貫して把握。移民排斥を受けた日系アメリカ人によって帝国内外へ移転された人流、知識、技術、イデオロギーの衝撃を初めて捉え、見過ごされたグローバルな帝国の連鎖を浮かび上がらせる。アメリカ歴史学会ジョン・K・フェアバンク賞受賞。

目次

日本帝国の入植者植民地主義と環太平洋移動
第1部 太平洋地域進出の展望 一八八四‐一九〇七年(日本型入植者植民地主義の起源とアメリカ;太平洋を横断する膨張民族の先駆者たち)
第2部 海外発展の最盛期 一九〇八‐二八年(入植者植民地主義における官民の融合―太平洋にひろがるフロンティア;アメリカの移民排斥とブラジル新天地への再移民)
第3部 入植者植民地主義の先兵 一九二四‐四五年(カリフォルニアから満洲へ―アメリカ人種主義とフロンティア;ハワイ日系社会と熱帯植民地の結びつき―日本帝国統治下の台湾・南洋への再移民)
第4部 正史と未来の創造 一九三二‐四五年(アメリカ日系一世と日本帝国の膨張論;日本民族の血とその宿命)
エピローグ 日本型入植者植民地主義のゆくえ

著者等紹介

東栄一郎[アズマエイイチロウ]
1966年東京都に生まれる。現在、ペンシルベニア大学歴史学部教授。著書に『日系アメリカ移民 二つの帝国のはざまで』(飯野正子監訳、明石書店、2014年、原書は2005年、アメリカ学会清水博賞、アメリカ移民・エスニック史学会セオドル・サロートス賞、アジア系アメリカ人研究学会歴史賞受賞)

飯島真里子[イイジママリコ]
2006年、オックスフォード大学大学院博士課程修了(DPhil in Modern History)、現在、上智大学外国語学部教授

今野裕子[コンノユウコ]
2012年、南カリフォルニア大学大学院博士課程修了(Ph.D.in History)、現在、亜細亜大学国際関係学部講師

佐原彩子[サハラアヤコ]
2012年、カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了(Ph.D.in Ethnic Studies)、現在、共立女子大学国際学部准教授

佃陽子[ツクダヨウコ]
2011年、東京大学大学院博士課程修了(博士(学術))、現在、成城大学法学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
日本帝国の入植者植民地主義と環太平洋移動 太平洋地域進出の展望 1884-1907年: 植民地主義の起源と米国 太平洋を横断する膨張民族の先駆者たち 海外発展の最盛期 1908-28年: 入植者植民地主義・官民の融合 アメリカの移民排斥とブラジル新天地への再移民 日本帝国の入植者植民地主義の先兵 1924-45年: カリフォルニアから満洲へ ハワイ日系社会と熱帯植民地の結びつき 正史と未来の創造 1932-45年: アメリカ日系一世と日本帝国の膨張論 日本民族の血とその宿命 日本型入植者植民地主義のゆくえ2022/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19753243

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。