交隣と東アジア―近世から近代へ

個数:

交隣と東アジア―近世から近代へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 17時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 380p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810443
  • NDC分類 221.05
  • Cコード C3022

出版社内容情報

交隣とは、たんに日朝の善隣友好を示すものではない。朝貢一元体制の矛盾の露呈を防ぎ、各国の通交を成り立たせた朝鮮外交の意外な役割から東アジアの秩序体系を明らかにし、西洋の到来によるその解体過程も精細にとらえて、世界史的近代の日・朝・中・琉球の姿を映し出す。

内容説明

交隣とは、たんに日朝の善隣友好を示すものではない。朝貢一元体制の矛盾の露呈を防ぎ、各国の通交を成り立たせた朝鮮外交の意外な役割から東アジアの秩序体系を明らかにし、西洋の到来によるその解体過程も精細にとらえて、世界史的近代の日・朝・中・琉球の姿を映し出す。

目次

「交隣」とは何か
第1部 交隣の諸相―近世のプリズム(交隣と隣交―近世対馬における日朝関係認識;北伐と北学―近世朝鮮の対清認識;交隣と貿易―開港前後の海藻輸出;交隣と信義―通信から欽差へ)
第2部 交隣の高潮―プリズムの拡大(交隣の論理と中華―一八七四年「密咨」の衝撃;朝鮮の対日使節派遣―使節にみる交隣の変容;交隣と条約―「自由貿易」と商業税をめぐる日朝交渉)
第3部 交隣の運命―プリズムの葛藤(琉球の「兩屬」から朝鮮の「兩截」へ―「自為一國」をめぐる一考察;天津からみる朝鮮の「交隣」―事大における敵礼の模索)
事大と列強のはざまで―「大君主」の興亡

著者等紹介

岡本隆司[オカモトタカシ]
1965年京都市に生まれる。現在、京都府立大学文学部教授。著書に『近代中国と海関』(名古屋大学出版会、1999年、大平正芳記念賞)、『属国と自主のあいだ』(名古屋大学出版会、2004年、サントリー学芸賞)、『中国の誕生』(名古屋大学出版会、2017年、アジア・太平洋賞特別賞、樫山純三賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。